アルノー

初出:第78話

容姿

地味 *1

地位


年齢関連

  • マインとの年齢差:+15(春) *2
  • マインとの冬の年齢差:+14or15(誕生季による)

アルノー視点の回

第171話 閑話 私とフラン

作中での活躍

神官長の側仕えの灰色神官。
マルグリットの側仕えで、当時の主人から寵愛されていたが受け入れず、自害を止めもしなかったフランを憎んでいる。 *3
嫌がらせのため、貴族区域では持てないマインの部屋にフランが不快な思い出を持つ院長室を推薦し、問題児のギルを側仕えに提案した。
フランからビンデバルト伯爵の報告を受けた際、敢えて無視して神官長に伝えなかったため大変なことになった。
神官長のマインに対して持つ感情や、マインとその側近がそれぞれに対して持つ感情を理解していなかった。
マインが領主の養女になり神殿長に就任することが決まり、フランが自分より上の立場になるため、神官長に見つからない程度の嫌がらせでは我慢できないほど腹を立てる。
フランがマルグリットから毎晩のように連れ込まれてトラウマを持つ部屋の事を、事情を聞かれたら話すと脅迫した。
結局神官長にばらしたが、青色巫女に色々と思うところがあると判断され、神官長によって遠ざけられた。
※「遠ざける」は貴族の婉曲表現で、神官長によって処分されていた。 *4

明確な描写はないが、フランやマインに害意や悪意があったと思われる場面がいくつかある。
  • 本来ならば余裕を持って届けるはずの贈り物を、神官長が来訪する直前に孤児院長室に届けた。 *5
  • 神官長からの贈り物を届けに院長室へ行った際、マルグリットの家具をそのまま使ってるため懐かしんで、マインに疑問に持たれるが返事を避わす。 *6
  • シキコーザがマインに横暴を働いた時、シキコーザの自尊心を焚きつけながら、庇おうとしたフランを窘めた。 *7
  • マインが奉納式に向かう際、歩調を速め、神殿長と鉢合わせさせた。後に神官長から到着が早かったなと指摘される。 *8
  • 神殿長に隠していたディルクの養子縁組の話を、神殿長の回し者のデリアに直接伝え、デリアに神官長への不信を煽った。 *9
  • 負傷しながらも配膳する筆頭側仕えのフランを、他の側仕えと代わるように言った。 *10

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 遠ざけるってそういう意味だったんか - 2017-04-12 03:44:02
  • いつの間にか消えていた人 - 2017-04-17 23:10:45
  • 別のウィキで処分されたて書いてあって読み直したけどそれらしいの見つからなかったんだがそういう事かい - 2017-04-27 13:53:20
  • 書籍で、フランが高みに行ったと言っていた - 2017-05-16 12:50:15
  • 神殿の実権を握る神官長に解任された訳アリ灰色神官を側仕えにしたがる物好きな青色神官など(その上司に当たる神殿長を除いては)いないだろうし、孤児院に戻るしかなく、その孤児院はローゼマインの影響力絶大で将来性は絶望的。処分されなくても自発的に死ぬ以外の道はなかったろう。 フランへの憎悪を挙げてるが、こいつも後追いなどしなかったので自身を正当化したいだけのクズであると分かる。 - 2017-08-11 20:14:09