デリア

初出:第79話

家族構成

義弟:ディルク

容姿

髪の色:深紅
000000000
瞳の色:薄い水色
000000000
深紅の髪に薄い水色の目。
勝気できつそうな顔をしているが、美人顔。綺麗な顔立ちをしている。

地位

階級:平民
職種:灰色巫女見習い神殿長の側仕えマインの側仕え(後に解任)

年齢関連

  • 誕生季:春か夏 *1
  • マインとの冬の年齢差:+1

デリア視点の回

書籍第六巻 エピローグ

作中での活躍

灰色巫女見習いの女の子。「もー!」が口癖。
神殿長の愛人になることが夢。側仕えとして誰かに仕えるより、誰かを使う側になりたいと思っている。
マインに対する神殿長の回し者だが、わかりやすくて自己顕示が強く、初めから神殿長のスパイである事と困らせるように頼まれた事を言った。
マインが部屋を賜った事を知らず、部屋の場所がわかなくて仕えることができず、神殿長にとって必要な情報を全く持ち帰ることができなかったため、神殿長の部屋を追い出された。
男に可愛がられるために生きてきたため、幼くても女を武器にすることを知っているが、マインの回りでは通用しなかった。
以降マインの側仕えの仕事を始めて、巫女としては杜撰なマインを叱咤しつつ、身の回りの世話と掃除と自分磨きに力を入れる。
マインの情報を得るため、そして神殿長と比べて仕事が楽で待遇が良いため、生活の基盤を院長室へ移す。
洗礼を迎える前は、小さい子供達の面倒を見る人がいなくなってどんどん死んでいく様を見ていたため、孤児院にトラウマを持っている。
マインが孤児院を改革するときは、神殿長に報告せず目を瞑った。自分の時は救われなかったことを悔しがり、「今度デリアが困ったら、助ける」という約束を受けた。
身食いの捨て子のディルクと関わってから、家族という大切さを知る。
だが彼を守りたいがために、神殿長の悪事に関わってしまう。主であるマインに不利益をもたらしたため、解任された。
神殿長を頼ってディルクを貴族と養子縁組するが、契約書を偽造され身食いの従属契約をさせられた。
神殿長の連座で処刑されるところを、マインの約束によって守られ、トラウマを持つ孤児院で生涯過ごす刑罰に変えられて生きながらえる。 *2
孤児院で罪の意識に苛まれながらも、ディルクの姉として生活している。
その後、ディルクを守るための従属契約書をローゼマインに託され、もう二度と彼女の信頼を疑わないと誓った。 *3

経歴

(年代はマインの誕生を0年とする)
06年 洗礼式を迎え、式後すぐに神殿長の側仕え見習いになる *4
07年夏 神殿長のスパイとしてマインの側仕えに就任する *5
08年春 ディルクの義姉になる *6
08年春 神殿長の元に戻ったことから、マインの側仕えを解任される *7
08年春 神殿長の連座で処刑されることを免れる代わりに、孤児院から一生涯出れない罰を受ける *8
09年秋 ディルクを守るための従属契約書の管理人になる *9

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • ベンノ - 2017-01-18 06:41:58