ロジーナ

初出:第98話

容姿

髪の色:栗色
000000000
瞳の色:澄んだ青
000000000
ふんわりとした栗色の髪に澄んだ青の瞳。
美しい少女で、大人びた綺麗な顔立ちをしている。
癖のある髪が豪奢で、立ち居振る舞いが楚々として、清楚なお嬢様に見える。

地位


年齢関連

  • 誕生季:冬 *1
  • マインとの冬の年齢差:+8

ロジーナ視点の回

書籍第五巻SS 青色巫女見習いの側仕え

作中での活躍

クリスティーネの元側仕え。フェシュピールが上手で音楽が得意な灰色巫女。
マインに音楽の教師として仕えることになる。
クリスティーネに仕えていたころは、力仕事や雑用は灰色神官の仕事で灰色巫女の仕事は芸事を極めることだった。
そのため品や教養があり、下級貴族の令嬢より優雅な生活を送っていた。
孤児院を出てすぐに引き抜かれたため、クリスティーネが貴族社会に還俗し自身が孤児院に戻るまで、下働きをほとんどしたことがなかった。
マインに仕え初めた頃は、前の主の影響で音楽以外の仕事をしなかったため、他の側仕えと対立することがあった。
また、夜遅くまで楽器を鳴らしていたため、隣室のデリアを怒らせていた。
前の主と違う環境に苦しんだ。ヴィルマに、それぞれの主のことはその主にしか通用しないと諭されて、音楽に係わるために側仕えを続ける。
芸術だけに特化して苦労するが、実務を覚えていくことになる。マインとヴィルマとロジーナでそれぞれ苦手なものを抱えながら努力する。
成人を迎えたときは、マインから作曲した四曲とロジーナからパルゥケーキを頂いた。
家に帰るマインを、戻ってこなかったクリスティーネと重ねて、悲しみを浮き彫りにさせることがあった。
芸事等でデリアと上手く付き合えるようになった矢先に、主のマインを差し置いて神殿長に寝返ったため、憤慨した。
マインが領主の養女になったため買い上げられ、晴れてローゼマインの専属楽師になった。その腕前は領主にも認められている。
基本的にローゼマインと共に行動し、フェルディナンドとも作曲する。神殿では、デリアの後任で、不慣れなモニカニコラに色々教えている。
洗礼式を終えた貴族のお披露目で、クリスティーネと遭遇した。置いていかれたことから慰められるも、ローゼマインの専属楽師を続ける。
ローゼマインがユレーヴェに眠った二年間では、孤児院で子供達に音楽を教えた。
ローゼマインの中央行きに専属として同行することが決まっており、紋章入りの魔石を受け取っている。

経歴

(年代はマインの誕生を0年とする)
前01年 洗礼式を迎え、クリスティーネの側仕えになる *2
05年秋 クリスティーネの側仕えを解任される *3
07年夏 マインの側仕えに就任する *4
07年冬 成人式を迎える *5
08年春 ローゼマインの専属楽師になる *6
14年夏 ローゼマイン工房の紋章入りの魔石を受け取る *7

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • リリー - 2017-05-17 19:22:29
  • 割と1番好きなキャラかもしれない - 2017-07-19 00:38:45