フーゴ

初出:第89話

家族構成

妻:エラ
子:
母:宮廷料理人になる報告は恋人より先に親にしろと叱った *1

容姿

髪の色:栗色
000000000
瞳の色:茶色
000000000
見るからに良い人そうな雰囲気。

地位

階級:平民
職種:料理人・マインの料理人→ローゼマインの専属

年齢関連

  • 誕生季:春 *2
  • ローゼマインとの冬の年齢差:+14 *3

フーゴ視点の回

第187話 閑話 腹の痛い料理人
書籍第八巻SS 腹の痛い料理人

作中での活躍

ベンノが寄越した料理人。腕もよく研究熱心。
毎年、星祭りではこみあげてくるものを込めて、タウの実を投げていた。
マインのレシピを院長室の厨房でおよそ1年修行し、イタリアンレストランの料理人に抜擢される。
青色巫女見習いのところで料理をつくったことで拍がついて、キルケという彼女ができた。
トッド共々貴族街神殿へレシピを教えることになり、貴族には緊張して使い物にならないトッドの代わりに、貴族街へ行くことにした。
しかし向かう先は領主の城で、期間限定の宮廷料理人になった。
領主の城への出張が終わったら、キルケにふられた。そして元彼女がご近所さんと付き合い始め、毎日仲の良い姿を見せつけられるようになる。
イタリアンレストランの後進の教育を終えて、ローゼマインに宮廷料理人になれないか打診する。
料理に生きると意気込むが、簡単に陥落し、可愛い女の子ばかりいる職場で働けるローゼマインの専属料理人になった。
エラに押されて婚約するも、ローゼマインがユレーヴェで眠っていたため、起きるまで結婚は先送りにされた。
ローゼマインの中央行きに専属として同行することが決まっており、紋章入りの魔石を受け取っている。
妻であるエラ、エラの母親、及び、エラとフーゴの間の子は、中央行きに同行するが、フーゴの親兄弟は同行しない。

経歴

07年夏 イタリアンレストランの料理人として、神殿の孤児院長室に通いだす *4
08年春 イタリアンレストランの料理人として、イルゼの元で修行する *5
08年夏 恋人ができる *6
08年夏 宮廷料理人(期間限定) として城で働く *7
08年秋 恋人にふられる *8
08年秋 イタリアンレストランで正式に働きはじめる *9
09年春 ローゼマインの専属料理人になる *10
10年夏 エラと婚約する *11
12年夏 エラと結婚する *12
14年夏 ローゼマイン工房の紋章入りの魔石を受け取る *13

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 栗色の髪に茶色の瞳で、見るからに良い人そうな雰囲気 書籍5巻書き下ろし短編「神殿の料理人見習い」より - 2016-02-28 16:47:07
  • 更新しました - 2016-02-28 17:11:53