エラ

初出:第89話

家族構成

夫:フーゴ
子:
母:寡婦
叔父:夜の酒場を経営
従姉:レーア

容姿

髪の色:赤毛に近い茶色
000000000
瞳の色:淡い緑 *1
000000000
神殿に出入りし、ニコラの立ち居振る舞いと日常的に接しているせいか、
周囲の花嫁よりも姿勢がよくて、楚々とした雰囲気に見えた。

地位

階級:平民
職種:料理人見習い→マインの料理人→ローゼマインの専属

年齢関連

  • 誕生季:春 *2
  • ローゼマインとの冬の年齢差:+8

エラ視点の回

書籍第五巻SS 神殿の料理人見習い

作中での活躍

ベンノが寄越した料理人の少女。新しいレシピに目がない。
元々は夜の酒場を経営している叔父の店で料理人見習いをしていた。
成人後に女給をさせられる予定だったが、それが嫌で飲食店協会を訪れていたベンノに自分を売り込んだ。
(夜の酒場の女給は娼婦を兼ね、客にお金を渡されれば部屋に行って相手をしなければならない)
貴族の料理人に抜擢された後に商業ギルド長の店で料理長をしているイルゼが目標。
フーゴの助手的立場だった。孤児達の世話を焼いて、包丁の使い方や料理などを教えた。
マインの所にいるほうがレシピが増えそうだと判断して、イタリアンレストランではなく、マインの料理人になる。
ずっと手伝ってくれたモニカニコラに気が知れてる。
ローゼマインが領主の養女になったことで、領主候補生の専属料理人になった。
貴族街で成人を迎えたため成人式に出られなかったが、ローゼマインから新しいレシピと、女性でも使える小さいミートチョッパー頂いている。
今のところ、ローゼマインのレシピを一番多く知っている。
ローゼマインがユレーヴェで眠っている間にフーゴを落とすことに成功するが、ローゼマインの許可が必要と言われ、結婚を延期した。
その後フーゴと結婚する。
ローゼマインの中央行きに専属として同行することが決まっており、紋章入りの魔石を受け取っている。
中央へは、夫であるフーゴ、自身の母親及び子と共に行く予定。 *3

経歴

07年夏 イタリアンレストランの料理人見習いとして、神殿の孤児院長室に通いだす *4
08年春 マインの専属料理人になる *5
08年春 ローゼマインの専属料理人になる *6
08年春 成人式を迎える *7
10年夏 フーゴと婚約する *8
12年夏 フーゴと結婚する *9
14年夏 ローゼマイン工房の紋章入りの魔石を受け取る *10
14年冬頃 第一子出産 *11

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • ハイデン - 2017-01-26 13:34:31