カルステッド

初出:第126話

声 - 浜田賢二

家族構成

父:ボニファティウス
母:ボニファティウスの第一夫人 (前ライゼガング伯爵の娘)
第一夫人:エルヴィーラ
 息子:エックハルト
 息子:ランプレヒト
  孫:ジークレヒト
 息子:コルネリウス
第二夫人:トルデリーデ
 息子:ニコラウス
第三夫人:ローゼマリー(故人)
 娘:ローゼマイン
異母兄弟:ボニファティウスの第二夫人の息子
 甥:トラウゴット


母方の親戚
祖父:前ライゼガング伯爵
叔母or伯母:初代ギーベ・グレッシェルの妻
従姉妹:エルヴィーラの母
従兄弟:二代目ギーベ・グレッシェル
従兄弟:ギーベ・ライゼガング

容姿

髪の色:赤茶
000000000
瞳の色:薄い青
000000000
ちょっと額が広めの赤茶の髪、薄い青の瞳。
鍛えられていて肩幅が広く、全体的に筋肉質な厚みがあるため、非常に貫禄がある。

地位

階級:上級貴族
職種:騎士団長・ジルヴェスターの側近

年齢関連

  • ローゼマインとの年齢差(春):+31 *1
  • ローゼマインとの学年差:+30or31(誕生季による)

カルステッド視点の回

書籍第六巻 プロローグ
第173話 プロローグ ※第三部
書籍第八巻 プロローグ

作中での活躍

エーレンフェストの騎士団長で領主の護衛騎士。騎獣は騎士団長を表すグリフォンのような魔獣。
マインが騎士団とトロンべ討伐に出た際に登場。マインの護衛に就けたシキコーザが暴走したため、新人の教育不足を指摘され処分を受けた。
神官長から頼まれて、マインが十歳を迎えたら養女に迎えることを引き受ける。
マインを貴族階級に属する者から守るため、神官長と共に領主へ働きかけ、エーレンフェストへの貴族の出入りに制限をつけた。
祈念式ではジルヴェスターと共に、マインに同行した。襲撃を受けた時は、マインがシュツェーリアの盾を出したため軽く目を見張らせた。
また、マインからアングリーフの祝福を授かるが、技をいつも通り振うも予想外の威力になり、敵が粉微塵になってしまった。
マインが家族を守るために領主の養女になった際、ローゼマリーから名を取りローゼマインに改名させて、設定上の実父になる。
頼れるお父様だが、食が絡むと面倒になり、正妻の尻に敷かれたりもする。
感情的になる部分があり、過去にローゼマリーを庇うが、トルデリーデとローゼマリーの実家の確執にエルヴィーラが煩わされたことを知らなかった。
ただし、娘に妻に隠れて惚気ることがあり、夫婦関係は悪くない。娘がいなかったため、ローゼマインに懐かれて喜んでいる。
実父であるためローゼマインのトラブルに巻き込まれることは確定で、届いてくる報告書に頭を悩ませている。
フェシュピールは不得手と言っているが、横笛の名手。

ローゼマインからはずっと「政略結婚なのに仲がいい夫婦」と思われていたが、元々は義務が最優先で情の通わない間柄であり、
過去に起きた第二夫人や第三夫人との確執もそのすれ違いが理由だった事が明らかになった。
平民出身で貴族の常識が分からない上に、次々と予想外の事を行い、かつ貴族なら誰でも知ってるような事を質問してくるローゼマインに
夫婦で相談して事に当たった結果、お互いの交流が増えて心を通わせあう事が出来た。 *2

作者コメント

2015年 12月21日 活動報告
カルステッドの髭は「取ることもできますが」と注釈付きで椎名様が送ってくださったラフで、私が気に入ったので採用しました。ダンディになったのでジルヴェスターやフェルディナンドより少し年上の雰囲気が出たと思います。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • *1 - 2017-07-18 18:39:22