カミル

初出:第153話

家族構成


容姿

髪の色:紺色
000000000
瞳の色:薄い茶色
000000000
顔立ちがギュンターに似ている。
髪の色と瞳の色はマインとよく似ている。

地位

階級:平民

年齢関連

  • 誕生季:春 *1
  • マインとの冬の年齢差:-8

カミル視点の回

第458話 閑話 ある冬の日の決意

作中での活躍

マインの弟。
赤子の頃はよく泣いて、眠たいときのぐずぐずが長かった。
マインが溺愛している。マインの絵本作りの原動力。
マインが領主の養女になる際、最高神と五柱の大神の祝福を受けて血判のためにできた傷が癒えた。
ローゼマインが作ってルッツが持ってくるおもちゃがお気に入りで、夢中で遊ぶ。
森でディルクコンラートと友人になる。
マインの狙い通り、本好きに育った。
マインと同様に、誘惑にぐらつき、トゥーリ振り向かない男なんているはずがないと考える。
プランタン商会に入り、ルッツのようになりたいと思う。
実姉で領主の養女になったローゼマインとはまだ会えていない。
エーレンフェストの兵士、ギルベルタ協会、プランタン協会など様々な所から勧誘を受けるが、尊敬するルッツと共に働き神殿の友人とも交流を得るため、
プランタン協会の見習いになる事を決意する。

15年春に洗礼式を迎える。
実姉であるローゼマインの祝福を受け、彼女がエーレンフェストで行う最後の神事に立ち会う事が出来た。

経歴

(年代はマインの誕生を0年とする)
8年春 生まれる。
15年春 洗礼式を迎える

作者コメント

2014年 12月15日 活動報告
マインの髪の色に似ていて、薄い茶色の瞳なので、ご近所ではマインに似ていると言われています。
ローゼマインがカミルを間近で見られるのは、カミルの洗礼式でしょうか。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • カミルの誕生を年表に追加していただけませんか? - 2016-10-02 19:51:57
  • ラストで散々ぎゅーされてたが - 2017-11-30 09:37:33
  • たしかにラストで姉で「領主」の七年分のぎゅーはされている。 - 2017-11-30 15:31:29