クリスティーネ

初出:第104話

家族構成

父:上級貴族
母:父の愛妾

地位

階級:上級貴族*1
職種:青色巫女見習い→還俗し貴族社会に戻る

年齢関連

  • ローゼマインとの学年差:+8*2
  • マインとの年齢差:+7*3
  • 誕生季:春か夏の可能性が高い*4

作中での活躍

ヴィルマロジーナの主だった青色巫女見習い。
上級貴族の愛妾の娘だが、魔力が高く、父親は正式に引き取りたいと考えていた。
しかし正妻に断固として反対されたため、その身を守りながら教育するために神殿に送られた。

いつでも父親が手元に引き取れるようにするため、神殿に家庭教師や芸事の教師を出入りさせ教育されていた。
実家から派遣された侍女が2人、芸術を楽しむための灰色巫女を6人、下働きや実務のために灰色神官を4人、料理人や助手がいて、家庭教師を数人雇っていた。
そのため、財力のない貴族や魔力が低すぎて預けられた青色神官とは、かなり事情も生活環境も違っていた。

その背景から、通常の青色巫女とは違って芸術を至上としている。
神殿では詩作に励み、絵画を愛し、音楽に耽る毎日だった。
力仕事や雑用は灰色神官に任せて、側仕えの灰色巫女は見習いも含めて貴族の令嬢のような優雅さを身につけていた。
灰色巫女でも芸事に秀でた者は優遇していたため、青色巫女のような生活を送っていた者もいる。

後に還俗して、旧ヴェローニカ派の貴族に嫁ぐために貴族社会に戻った。*5
貴族院ではフェシュピールの天才として王族にまで名が知られた。*6
成人して、自由に生活できるようになったら、ロジーナを迎えに行く予定だった。
11年冬時点では、旧ヴェローニカ派の上級貴族として普通に領内で暮らしている。*7

経歴

05年秋 神殿から還俗する*8
     特別措置貴族院に編入する
08年冬 貴族院を卒業する

作者コメント

本好きの下剋上 設定等まとめ ふぁんぶっく3 はみ出たQ&Aコピーシテペッタン
(青色の側仕えやロジーナに対する思い入れの度合)
 専属楽師として引き取れれば良いなというくらいです。他の青色神官に召し上げられていれば諦めました。奪い返すほどの情熱はありません。
 クリスティーネが専属楽師にしても良いと思った腕の持ち主がロジーナで、他の側仕え達はクリスティーネの基準では足りませんでした。
(エルヴィーラの本の絵師はクリスティーネ?)
 違います。派閥の違う者に流行の一端を担わせるようなことはしません。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 貴族院時代にはエグランティーヌとも交流があり、フェシュピールの名手として認識されていた。(305話・音楽の先生方とのお茶会) - 2017-07-16 23:58:30
  • 05年の秋に神殿を完全に引き払ったのは事実だけど。貴族院は05年冬から編入したのだろうか? それとも、ロゼマや旧ヴェローニカ派の青色見習い組のように、貴族院には一年生からきっちり通っていた口なのだろうか。 神殿での生活および教育がかなり特殊な上に、父親が引き取る気満々だったから、神殿で生活させつつ貴族院に通わす位はしそうな気もする。   <貴族院一年となる年時点では、神殿の人間の特別編入が認められるなど予想もつかなかっただろう一方で、貴族院に通わせないと貴族として引き取れずそれまでの高度教育が無駄になるということから考えると、通わせてる可能性が高い? (2018-06-13 22:29:32)
    • クリスティーネの母が正式な夫人ではなく愛妾だったみたいだし、洗礼式や遅くも貴族院入学までに引き取れなかった時点でクリスティーネ自身も妾ルートに突入した可能性もあるのでは?愛妾でも教養があった方が大事にされやすい。神殿で生活しながらの貴族生活は当時の貴族女子としては外聞悪すぎる (2018-06-15 22:00:46)
      • 妾候補として引き取る予定だったってこと? 洗礼式のお披露目をしておきながら貴族院に通わせない方が醜聞になりそうだから、妾候補想定の場合は、洗礼式でお披露目できなかった時点で確定していたことになりそうだね。  ……元々、青色が沢山いた頃は見習いが表にでて仕事をすることはなかったようだから、神殿暮らしであることは隠そうと思えば隠せそうな気もするけど(教育にかけた大量の資金を元に、金銭不足の青色たちに小金を握らせたり、神殿長に便宜を図ったりしておけば) (2018-06-16 10:40:49)
  • 上級貴族の子供が生める魔力量の妾ってどういう境遇なんだろう?身食い? (2018-09-17 08:09:33)
    • 第一夫人がヴェロのように自分以外は夫人に認めない!という女性で、クリスティーネの母親はちゃんとした貴族だけどヨナサーラのように親族亡くして後ろ盾のない弱い立場だったというオチかもよ?  あとは、可能性は限りなくゼロだけど、アダルジーザの姫の子とか。 (2018-09-17 09:48:53)
      • あるいはアンゲリカみたいに成績面に問題があって、貴族院を卒業できなかったって言う線もなくはないか (2018-09-17 11:45:52)
        • はたまたフィリーネやハイデマリーのように、実父の後妻におうち乗っ取りをされた娘を、自分の妾として囲ってたのかもね。 (2018-09-17 17:58:11)
    • ヴェローニカに粛清された家の子なので、公には妻にできないとか? あるいは父親が色好みで、4番目の夫人は不可だから強引に妾にしたとか。 (2018-10-19 18:02:43)
  • ふぁんぶっく3のQ&Aの記載だと、父親が旧ヴェローニカ派というより、旧ヴェローニカ派でなかった(中立派?)家が、ヴェローニカに恭順を示す為、娘をヴェローニカ派の家(夫)へ嫁がせたという風に読める。クリステルの家の状況に近い印象。<嫁いだ結果、クリスティーネは完全に旧ヴェローニカ派になったけど、生家はその後中立に戻った可能性もある的な……。 (2018-11-14 06:47:59)
    • 修正しました。 (2018-11-14 10:11:48)