クリスティーネ

初出:第104話

地位

階級:上級貴族 *1
職種:青色巫女見習い→還俗し貴族社会に戻る

年齢関連

  • ローゼマインとの学年差:+8 *2
  • 誕生季:春か夏の可能性が高い *3

作中での活躍

ヴィルマロジーナの主だった青色巫女見習い。
上級貴族の愛妾の娘だが、魔力が高く、父親は正式に引き取りたいと考えていた。
しかし正妻に断固として反対されたため、その身を守りながら教育するために神殿に送られた。
いつでも父親が手元に引き取れるようにするため、神殿に家庭教師や芸事の教師を出入りさせ教育されていた。
青色巫女の中でも少し変わっていて、芸術を至上としている。詩作に励み、絵画を愛し、音楽に耽る毎日だった。
力仕事や雑用は灰色神官に任せて、側仕えの灰色巫女は見習いも含めて貴族の令嬢のような優雅さを身につけていた。
灰色巫女でも芸事に秀でた者は優遇していたため、青色巫女のような生活を送っていた者もいる。
財力のない貴族や魔力が低すぎて預けられた青色神官とは、かなり事情も生活環境も違っていた。
実家から派遣された侍女が2人、芸術を楽しむための灰色巫女を6人、下働きや実務のために灰色神官を4人、料理人や助手がいて、家庭教師を数人雇っていた。
後に還俗して、貴族社会に戻る事になる。
成人して、自由に生活できるようになったら、ロジーナを迎えに行く予定だった。

経歴

05年秋 神殿から還俗する *4
08年冬 貴族院を卒業する

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 貴族院時代にはエグランティーヌとも交流があり、フェシュピールの名手として認識されていた。(305話・音楽の先生方とのお茶会) - 2017-07-16 23:58:30