ザーム

初出:第181話

容姿

髪の色:黒
000000000
瞳の色:緑
000000000

地位


年齢関連

  • ローゼマインとの年齢差(季節不明):+15 *1
  • ローゼマインとの冬の年齢差:+15or16(誕生季による)

作中での活躍

神官長の側仕え。元々はフリッツと同じ主のシキコーザに仕えていた。
前の主との差から、神官長の優秀さと仕事のしやすい環境をとても気に入っていて、神官長の補助ができるローゼマインの優秀さを青色巫女見習いの頃から褒め称えていた。
アルノーが遠ざけられてからは、神官長とローゼマインの連絡役になる。
気の知れた同性の側仕えを入れてほしいというフランの要望を受けたローゼマインが神官長に話をつけた際、真っ先に立候補してローゼマインの側仕えに異動となった。
立候補の理由は、ご飯の質・仕事量の多さに伴う遣り甲斐・間接的な神官長の仕事量削減。
ローゼマインがユレーヴェで眠った二年間は、青色神官への仕事の割振を神官長に進言し、仕事ができる人手を増やさせていたローゼマインに心から感謝しつつ、神官長の補佐のため神官長室に日参していた。

15年春の礎争奪戦の後、ローゼマインがアーレンスバッハの礎を奪った事を告げられる。
アーレンスバッハ神殿をエーレンフェスト神殿と同じように整えるために移動できないかと、ハルトムートに誘われた。
ローゼマインがアウブに正式に就任した後に招かれるのを、後任を育てながら心待ちする。

経歴

(年代はマインの誕生を0年とする)
04~05年頃 シキコーザの還俗に伴い、側仕えを解任される。 *2
(不明) フェルディナンドの側仕えになる。
09年春 フェルディナンド(神官長)の側仕えからローゼマイン(神殿長)の側仕えへ正式に異動する。 *3

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。