君を想う物語



作詞 コバヤシユウジ
作曲 コバヤシユウジ・佐久間薫
編曲 佐久間薫
主唱 一ノ瀬学(平川大輔)

日文歌詞 翻譯歌詞
制服にサヨナラをする時まで気持ちは
隠したまま 君を想う心の中で
いつかきっと桜ヒラヒラと舞い散る 校舎の外で
夢の中ではいつも言えたはずの言葉も
君の前じゃ 言えなくなる こんな僕だって
いつかきっとこの腕で君を
抱きしめられたら
君を愛せれば 良いのにな

朝焼け登校途中の
交差点信号待ちしてる
君の肩に触れたいけど
気付かない振りで 目を伏せてた

無邪気な顔で 僕に駆け寄る
授業前 教室の廊下
他の生徒も 君も変わらない
僕の心 言い聞かせるけど無理だよ

制服にサヨナラをする時まで気持ちは
隠したまま 君を想う心の中で
いつかきっと桜ヒラヒラと舞い散る 校舎の外で
夢の中ではいつも言えたはずの言葉も
君の前じゃ 言えなくなる こんな僕だって
いつかきっとこの腕で君を
抱きしめられたら
君を愛せれば 良いのにな

さよならまた明日学校で
校舎の影が落ちるグラウンド
誰も居なくなる教室 ああ
君の面影 1人抱きしめた

制服にサヨナラをする時まで気持ちは
隠したまま 君を想う心の中で
いつかきっと桜ヒラヒラと舞い散る 校舎の外で
夢の中ではいつも言えたはずの言葉も
君の前じゃ 言えなくなる こんな僕だって
いつかきっとこの腕で君を
抱きしめられたら
君を愛せれば 良いのにな
暫缺