メニュー



喧嘩用語辞典

| | | | | | | | |
わ行
|

現代喧嘩師リスト(表)

現代喧嘩師リスト(裏)

古代喧嘩師リスト(表)

古代喧嘩師リスト(裏)

戯言

|

リンク

冷やし猫鍋

主に喧嘩界のwiki

apocalypse


更新履歴

16/7/12 更新のための更新

15/9/24 大幅に加筆修正

項目追加:古代喧嘩師リスト(裏)

喧嘩用語辞典・ま行


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

●まぁ-どくさつも-すたれたな-かっこ-わら【まぁ 毒殺も 廃れたな(ワラ】
知る人ぞ知る、某石さんの名言中の名言。
一時期は流行りすぎて、一部で大量の使用・改変が行われた。
一文で言うのではなく、
「まぁ」「毒殺も」「廃れたな(ワラ」
と、区切って発言するのがミソである。
因みに知っていてもこれといって得はない。

☆関連語☆
焼け石

●まか【まか】
1)かつて喧嘩界にて活躍した、自称ザ☆掲示板出身の伝説的喧嘩師にして粘着師。
何でもかんでも"師"をつけりゃいいってもんでもないけど正真正銘、真正の粘着師。
喧嘩師の中で最も有名な人物の一人で、ゴープ式喧嘩術の礎を築いた忌むべき存在でもある。
悪魔の館に突如として現れ、その当時は多分独特だったのであろう喧嘩スタイルを奮い、
赤い彗星の如く瞬く間に最強の座に上り詰めていった。
喧嘩スタイルは主に「粘着」「揚げ足取り」「屁理屈」「コピペ」の四つで、
そのあまりのウザさに数多の喧嘩師が苦渋を飲まされ、萎え、そして敗北する結果となった。
特筆すべきはその「粘着力」、つまりは超絶的なスタミナである。
相手が如何なる反論をしてこようと、コピペと揚げ足取りを用いて、半永久的にレスを返し続ける。
虚仮で47連続レスをしたことは未だ記憶に新しい。相手にしてみれば悪夢に他ならない。
また、どのような状況・相手であってもそのスタイルを変えることはない剛の者。
喧嘩界トップレベルの強者たちと幾度か戦っており、そのいずれにも勝利している。
「最強」「無敵」「不敗」の三拍子が揃ったのはこの人が初めてだと思うが、
恐らく筆者の知る限りだと大半の人物がそのことを評価しておらず、寧ろ蔑んでいる。
近年になってその強さが評価されてきている、かどうかは定かではないが、
「粘着」という言葉が広く喧嘩界に普及したのは、この人のお陰であろう。
まあだから何だって話だけどね。ていうか寧ろ迷惑だよ。バカ。
因みに、チャットだとただのウンコになる。

2)喧嘩情報サイト「ユグドラシル」の元管理人。
 色々頑張ってたけど、末路はあのザマである。

3)脳内妄想集団チャンネル9のメンバー。

4)混沌の粘着神。

5)一部のあだ名は「ばか」

☆使用例☆
「___、逃げるのか」

☆関連語☆
ユグドラシル,●,ピピン,チャンネル9,ゴープ,まか事件

●まか-じけん【まか事件】
この騒動の正式な名称は存在しないが、分かり易くするためにまか事件と表記する。
Fighter's listの項目削除要請を発端とする、まか引退までの数時間の騒動を指す。
「俺はもう管理人じゃないんだから、●に言ってくれよw」
と、俄然として削除要請を聞き入れないまかに、一部毒殺天国住民が総攻撃を仕掛ける。
焼け石のそれには及ばないものの、殆どの住人はまかのことを余り快く思っていなかった為、
祭り独特の熱気と当事者たちのノリやすい性格もあって事態はヒートアップし、攻撃は熾烈を極める。
さしものまかも信頼していた住民に叩かれたというショックがあったのか、ついには引退宣言に至る。
擁護派が約一名いたが、必死の引き止めも虚しくまかは姿を消した。
神郷のアドレス流出、スケルトンとの喧嘩でのログ晒しによって、この事件は広く世に知られることとなった。

●まか、にげるのか【まか、逃げるのか】
まか事件の折、まかを叩いていた人物らがメッセで共謀し、
祭参加者が同時刻に一斉にまかに対して発言しよう、ということになり、
その際使用されたのがこの台詞。
その作戦は二回実行されたが、二回目はある人物が一人違うスレに爆撃するなどのハプニングもあった。

●まじ-けんか【マジ喧嘩】
本気で腹を立てて喧嘩をすることらしい。
"真剣の向こう側"が恐らくこれにあたる。
「ネット如きに」
と言う人もいるかもしれないが、寧ろ
「ネットだからこそ」
マジになる人もいるような気もする。
喧嘩師ではない人に煽りを仕掛けるのはほどほどにね!

☆使用例☆
「___はリアルでもやめようね」

●むし【無視】
1)放置進行の相手、或いは荒らしに対してする行為。
相手の言動に何の反応も示さないことを指す。
宥める、諫めるを越えた大人の態度ってやつだろうか。
我慢出来ずに反応してしまう人もいる。
疎外ゲームと称する悪趣味な遊びも存在する。

2)虐めの一種。
自分が空気になる手段の一つ。

☆使用例☆
「アイツが来ても___するんだぞ」

●むじゅん【矛盾】
辻褄が合わないこと。物事の道理が一貫しないこと。らしい。
撞着とも言う。
これをしてしまうと非常に危険な状態に陥る。
話の流れと過去ログは綿密に、且つ正確に把握しておこう。
論破と同じく、これも猿みたいに連呼する人がたまにいる。
でもれんこしたっていいじゃない、だってかちたいんだもの

☆使用例☆
「日に30時間の鍛錬という___!!」
「証人のその発言は、明らかに___している!」

●めっせんじゃー【メッセンジャー】
略称はメッセ。インスタントメッセンジャーの一つ。
インターネット上で広く利用されている、コミュニケーション用のソフトウェアのこと。
喧嘩師達も多く利用しているが、殆どの人がMSNメッセンジャー使用者だろう。
遠く離れたカナダの友人ともリアルタイムで会話出来るとは、ネットワークというのは凄いものである。
まぁ俺は最近は使ってないけどね。
いくら凄くても使う機会なかったら意味ないよ。まったく!

☆使用例☆
「___立ち上げてくんない?」

●もうそう【妄想】
簡単に言うと、根拠のない発言のことである(多分)
一部ゴープが大好きなもので、見つけると即座に突っ込んでくる。
推論だ推測だので時々議論になる。

☆使用例☆
「___ですか?クスクスww」

●もじ-しょく【文字色】
文字通り文字の色を指す。
喧嘩師それぞれが自分の文字色を決めている場合が多く、チャットではその色で入室する。
ただそれだけの話なので、別にその人に所有権があるわけではないが、
被っているとやたらと怒る危険人物もいるので注意。
見にくい色にしている奴も突っ掛かられる。

☆使用例☆
「___被ってんだろうが変えろカス」

●もなちゃと【もなちゃと】
1)大規模掲示板「2ちゃんねる」のAAキャラでおしゃべりできるチャット。
喧嘩サイトでは無いが、やけに喧嘩師の多い不思議なサイトである。
強さはピンからキリまであり、大抵の奴は雑魚という専らの噂で、
喧嘩サイト住人からは馬鹿にされている。
しかし一部とんでもない強者の目撃例がちらほら報告されており、侮ることは出来ない。

2)喧嘩をするに於いては不自由極まりないチャット。
以下、
・文字数制限があり、文字が勝手に途切れる
・連続発言規制があり、ある程度時間が経たないと次の発言が出来ない
・人数制限のせいで、一度落ちてしまうとすぐに戻れなかったりする
・人が多くて文字が重なり、非常に見にくい
・人が多いため重いときがある
・重いときには、発言がすぐには出ず、遅れて出る
・「w」や「W」をやたらと連呼する壊れたラジオがいる
・喧嘩もまともに出来ないガキ多し
・喧嘩してると周りに変な奴等が群がってくる

随分とまぁ魅力的なチャットですこと。
見ず知らずの馬鹿とチャHがしたい見境のない変態にはそこそこオススメである。

3)ここの奴らはよくわからん敬語を使う奴が多い。
加えて、同じような台詞を何度も連呼する奴も多い。

例「死んでほしいんですがねぇお前マジで死んでほしいんですけどねぇ」

落ち着けよ。

☆使用例☆
「___(笑)」
履歴