サロンワーク@ ウィキ

シャンプーの成分


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

たくさんのシャンプーの成分をどんどん書き加えていきましょう!!
もし、新しい成分のページを作ったら、こちらでリンクを貼ってください。
さらに、リンクを辿ってまだ書き込みがない成分については、どんどん書き込んでください!


洗浄基剤

アニオン界面活性剤


アニオン型は分子中にマイナス電荷を持つ界面活性剤です。両性界面活性剤や、ノニオン界面活性剤と比較して、洗浄性と起泡性に優れているので、シャンプーの主剤として、広く一般的に使用されています。しかし、アニオン界面活性剤はマイナス電荷を持つため洗浄後の毛髪や皮膚の表面に付着残留しやすく、接触性の皮膚刺激を起こす場合があります。






両性界面活性剤




補助洗浄剤

ノニオン界面活性剤


ノニオン型は分子中に電荷を持たない活性剤です。電荷を持たない為、洗浄後に毛髪や皮膚に電気的に残留することが少なく、目や皮膚に対する刺激性が低い特徴を持ちます。独自では十分な発泡性を持ちませんが、ほかの界面活性剤と併用すると優れた泡安定剤として働きます。泡のボリューム感、クリーム感が増し、洗浄効果を向上させるため、