※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

雪だるま

 ムイの雪だるまは円錐型だった。
「砂場でお城を作ってるわけじゃないのにね」
 ムイは不器用な自分を自嘲するように誰にいうこともなくつぶやいた。十年振りにこの温暖な気候の街にも雪が降った。それがムイにとって初めての雪だった。
「おうち入ろ。冷えてきちゃった」
 ムイはぶさいくな円錐の雪だるまを見下すように立ち上がった。雪のついた厚い手袋をはたき、玄関まで歩く。手の内に白い吐息を吐き出して頬を暖める。顔をあげるとひと粒の雪が、ぽかんとあけたままのムイの口の中に入ってきた。真っ白な大空を見渡せば、次から次へとさあ食べてくれといわんばかりに雪は降ってくる。ムイは大きめの結晶を選びながら、それらをぱくんと飲み込んだ。
「もういいのかい?明日になれば、きっと雪は溶けてるよ」
 ムイが戸を開こうとすると、円錐の雪だるまのところでまだ雪をかき集めていたアタカが後ろから追いかけるように言った。ムイは中開きになった戸を押したり引いたりしながら、もじもじとしばらく思案する。古びた戸が痛々しそうにギシギシときしむ。― あったかいポタージュ飲みたい。雪だるまかポタージュか、意を決して選択したムイは、甘えるようにほがらかに微笑んだ。二人は外と変わらなく冷え込んだ、彼らの我が家へ引き返した。

「お兄ちゃんがサンタクロースだってこと、知ってるんだよ」
 板がところどころはげ落ちたテーブルの上で、ムイはポタージュのカップを両手で半回りずつくるくると回しながら言った。キッチンでレタスをちぎっていたアタカがとっさにムイの方へ振り向くと、彼女は窓辺から降りしきる雪にぼんやりと目をやっていた。
「明日も降らないかな」ムイは窓の向こう側につぶやいた。
アタカが調理し終えたサラダをテーブルに持っていくと、ムイは椅子とテーブルの隙間で寒そうに体を丸めてがたがたと震わせていた。アタカは座っていた自分の椅子をムイの隣に寄せて、そっと彼女の背をなでる。
「お兄ちゃん、まあるい雪だるまほしい」ムイは影になった床をじっとみつめながら、震える体を両腕でくるんでさする。「お兄ちゃん、サンタクロースでしょ?」
「雪だるまなら、さっき作ったじゃないか」
「違うの!もっとちゃんとした、ちゃんとしたのがいいの」ムイは縮こまった体を勢いよく起こすと、テーブルの裏に頭をガツンとぶつけた。ぶつけた痛みでなみだ目になりながらも、もう一度窓から雪を眺める。雪だるま、と無音のなかでも耳をすまさなければ聞き取れないほど小さな声でまたつぶやいた。
「ムイの雪だるま、とても素敵だと思う」アタカは今度はムイの後頭部をやさしくなでる。「ちょこっとだけへんてこだけど、僕は好きだよ」
 ムイが寝ている間にアタカが雪だるまを作ったとしても、朝になればもう溶けている。明日も雪が降ればいいのに、アタカはそう思ってムイの涙を拭った。アタカが窓の外を覗くと、あれから雪がかぶさってふくらんだまるでかまくらのような、もはや円錐でさえないあの雪だるまと目が合った。残念だけど君はとってもぶさいくだね、アタカはムイの頬におやすみのキスをしながら思った。
  

更新履歴

取得中です。