※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 茂-CIGERU-第四部 SIDE-A


茂は家に向かった そう、渚の待つ家へ。

もうすぐ会えると思うと、自然と足は速く動いていった。
しかし何かがおかしい、意識を取り戻した瞬間はよく回った口が上手く回らないのだ。

「ああ…渚!待ってろよ!」
「待って…ろヨなぎ さ」
「な……ギギ…ギギ」
体もおかしい、体中熱くかゆい。腕のはれ物をかきむしると肉がくさり落ちてしまった。
「いったいおれ どうな  て」「かゆい きた ひどいかおなんで ころし うまかっ  です」



「だめだってw もう服部さんってばww」
「いいんだよこれで!ほら!こうしたほうが絶対かわいいって!」
二人は今夜の夏祭りの為に、ゆかたの着付けをしていた。

<ゆっくりと何かを引きずるような音がする>

「早くしないと花火終わっちゃうよ!」
「うーんそうだなあ そろそろ行こうか」

<ずず… ずず…>

夜道を提灯で照らしながら 二人はゆっくりと歩く。
風呂から上がってさっぱりした笑顔は晴れやかだった。

<ずずず… ずず…>

「ぅ… ぁ… …な…ぎ…? そ…だれ……」


ドーン パラパラパラ 花火が夜空に浮かぶ

「うわーすごい!綺麗だね」
「いや、君の方が綺麗だよ」
「…もうっ バカっ!」
「はは」
「そう言えばお腹空いたかも」
「じゃあビールとハコふぐ買って来るよ俺」

焼きふぐ屋は少し遠く 屋台の外れの方にあった
買い出しを終えた服部は 何かに呼ばれたような気がし ふと裏山の方を見た

<ずず… ず…>



遠くから茂が 移動してくる
服部は、すぐに気づいた

「よう!おまえ生きてたのか!!よかった!本当によかったよ!!」
「……ぁ…はっ」
「まあ飲めよ ビールなんて久しぶりだろ?」
「ぁ…いら…な」
「いいからいいから 祝杯だって!」

無理やり茂の口にそそぐ
さらに身動きが取れなくなった茂に声がかかる

「そういやさ 俺、結婚したんだ」
「…?」
「お前にはわるいんだけどさ 渚、ひとりじゃ可愛そうだろ?」
「……?」
「だから…さ ホントわるいんだけど」


「おまえにいてもらっちゃ困るんだよ」
「ぁ…ぅ…」

花火の音よりもさらに鈍く 何かを殴打する濁った音が 夜空に吸い込まれていった


(続く)
  

更新履歴

取得中です。