主格


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ラテン語をやっている方はわかると思われます。
主語のことです。
主語の部分は〈〉←のカッコで囲みます。
例文
僕は時計を見る。だと、カッコがなければ
mi~it tenu~ta qilarだけれど、カッコ付きだと
mi~it tenu~ta qilarになる。
主語が一語で成り立っているとき(ぼくは、これはなど)はカッコは省略しても大丈夫だが、長い文章はできるだけつけたほうが理解しやすい。また、二語以上で成り立っているとき(僕の本は、私の時計の針はなど)はカッコは必ずつけましょう。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。