第一章 ヨッシー伝記


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1 ヨッシーの気づき

「は!……」
ここはヨッシーアイランド。果物が今日もたくさん実っている。
「うーん……」
ヨッシーは冷や汗をかきながら目を覚ました。外はまだ暗い。
「何時かなぁ。」
ヨッシーは時計を確認しようと時計を見た。
「な……ない?」
ヨッシーは自分の寝床から飛んで友達のところへ行った。
「ねぇ……あれ?」
友達はいなかった。そして空は赤く黒かった。
――そういえば、夢を見たなぁ。

2 ヨッシーの悪夢

ガチャガチャ……
「クルリン、ハァ!!はぁはぁ、何体いるんだよ……」
ヨッシーは一匹で無数にいるプリムを倒していた。
「あ!(あれは……モンスター転送機?)」
ヨッシーは小さな紫色の渦に向かっていった。
でもモンスター転送機は上にあって届かない。
「たまご投げぇ!!」
ヨッシーは二段目のジャンプを終えるとたまご投げをした。
当たったが、一回では壊れなかった。
「ふぁ!」
下にいるプリムから不意打ちをかけられた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。