※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フィーバー伸ばし (ぷよぷよ! Puyopuyo 15th anniversary)

リミルです。フィーバー伸ばしについてまとめました。
自分の経験則で書きます。が、筆者はレート1000以下のザコなので、ココにある通りに実行しても勝てるという保証はありませんw あしからずw


フィバインするときの確認事項

(1) 通常フィールドの発火色を覚えておく。 (本線を発火していない場合)
(2) 相手の凝視。 相手は大連鎖を組むのに夢中なのか、フィバ潰しを狙っているのか。相手のフィバゲージも確認。
(3) こちらに待機しているお邪魔量の把握。 フィバ5連鎖で相殺できるお邪魔の量は、約岩1つ分である。

相手が大連鎖を組んでいる場合、フィバ連鎖は催促・潰しとしても使用することができる。(わざと暴発させるという手もあり)


フィバイン後の思考ルーチン

次の1から4の順に、その時の種・ツモによって素早く判断します。

1.一手全消しできるかどうか
できるのならば迷わず全消し。フィバ中における全消しは非常に強力です。
(種を伸ばさなければ負けるようなケースもあるが、稀である)

2.少し伸ばして全消しできるかどうか
場合によっては多少連鎖数が減って(-1連鎖となって)でも全消しを取る。
それぐらい全消しは強力です。大事なことなので2回言いました。
ちなみに、伸ばして全消しできるという状況は少なくないです。

3.伸ばしやすいかどうか
伸ばしにくいのなら無理せずさっさと発火したほうがよい。
伸ばせるのなら伸ばす。もちろん相手の潰しには注意する。(相手側にお邪魔が待機している状況ならば、すぐに潰しは飛んでこない)
残り時間から、フィバイン中に連鎖を何回放つか決める。(途中で発火して2回以上放つのか、思いっきり伸ばして1回放つのか?)

4.おっと、発火する前に…
相手がすぐにフィバインできるかどうかを判断。相手がフィバインしてきたら、その後に発火する。
また、通常フィールドに戻ったときにすぐ本線を発火できるのか?(押されている場合、ここで発火できなかったら負け)


最初のフィバイン~15秒の時間内で~

※お邪魔量はアミティの場合で計算しています。

  • 通常発火し続けた場合
上手くいけば5連鎖→6連鎖→7連鎖。
お邪魔量に換算すると、岩5つ分弱(通常連鎖の約7連鎖分)に相当する。

  • +2連鎖だけ伸ばす場合
次の8連鎖が打てるように、5連の種を7連鎖まで素早く伸ばす。
7連鎖→8連鎖をお邪魔量に換算すると、☆1つ分弱(通常連鎖の約7~8連鎖分)に相当する。

  • 伸ばせる限り伸ばす場合
8連鎖以下だと、通常発火し続けた時よりも点数が下回ってしまう。
故に+4連鎖以上が望ましい。
例えば9連鎖をお邪魔量に換算すると、☆1つ分弱に相当する。

もちろん、以上のケースでは全消しを考慮していない。
ちなみに、☆(180個)のお邪魔を返すには上記の連鎖数では若干足りず、月(360個)に至っては15秒で返すのは不可能に近いことがわかる。


みんな大好き! フィーバー伸ばし

フィーバー伸ばしは、ただやみくもに伸ばせば良いものではない。あくまで全消しが最優先。
以下では全消しの取り方と、+2~3程度まで伸ばす方法を紹介していきます。
それでは各種連鎖の種について見ていきます。




<5連鎖の種>

フィバインしたらまず最初に降ってくる種である。
5連鎖の種を上手く扱えるか否かで、対戦に大きく差が付いてしまうので、
フィバを普段やらない人であっても、最低限これらの種は練習しておいたほうが良いだろう。

+ ←クリックで展開


<6連鎖の種>

5連鎖で全消しも伸ばしもできず、ただ発火しただけの場合、次は6連鎖の種になる。
別に落ち込む必要はない。6連鎖の種でも全消しや伸ばしが狙える。
次に6連鎖の種について見ていこう。

+ ←クリックで展開


<8連鎖の種>

次は7連鎖…ではなく、先に8連鎖の種について触れようと思う。
なぜなら、7連鎖よりも8連鎖の種を伸ばす機会のほうが多いからである。上の“最初のフィバイン~”の項目を参照せよ。
(とは書いたものの、実際はそこまで大差無いかもしれないw)

+ ←クリックで展開


<7連鎖の種>

7連鎖についても一応見ておこう。
全体的に暴発しやすく、伸ばしにくい種が多い。(一方で全消しは取りやすい)

+ ←クリックで展開


9連鎖以上からはごみぷよの判断が難しくなり、暴発の危険度も上昇する。
また、大ぷよが邪魔になりやすくなる。
より慎重な伸ばし方が求められるだろう。

(以降作成中)



参考リンク



名前:
コメント:


あさ、です。読ませていただきました。今後のフィバ戦での参考にさせていただきます。>リミルさん