F:\アンケート詳細結果.mht


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アンケート詳細結果

この詳細を見る際は一緒に閉じているアンケート本体を参照することを勧める。

モニター内訳
総計100
男性 女性
学年      1 2 3 4 M1 男性
女性
学年        1      3 4

学部
総合政策学部 3 6 27 32 1 69 4 13 9 26 95
理工学部   3 2      5     5
総計      3 9 29 32 1 74 4 13 9 26 100

質問1 サークルについての情報はどこから入手しましたか?(複数回答可)
  友人 チラシ サークル見学 先輩 その他
集計 70   29    29          12   3

質問2 サークル選びをする際インターネットを利用しましたか?
サークル選びにインターネットを利用したか? 集計
インターネットを利用した                    10
インターネットを利用していない           90
総計                                       100

質問2.1 どのような目的でサークル選びにインターネットを利用しましたか?(複数回答可) 利用した人のみ回答

  メール HP閲覧 他大学サークルとの比較 その他
集計   2   8          0           0




質問3 現在サークルに所属していますか?もしくは所属していましたか?

データの個数 / サークルに所属 サークルに所属
学部 学年 サークルに所属している(いた) サークルに所属していない 総計
総合政策 1           7                                         7
  2           5                           1          6
  3           30                           10          40
  4           35                           6          41
  5           1                                  1
総合政策 集計     78                           17          95
理工 2           2                           1              3
  3           2                                  2
理工    集計     4                           1              5
総計              82                           18          100

質問3.1 サークルの存在はどのように知りましたか?(複数回答可) (サークルに所属している、もしくはしていた人間限定。)

入学式 先輩紹介 友人紹介 SCS その他3
集計   17   10   58 5   11

質問3.2 サークルに入るきっかけとなったものは何ですか?(サークルに所属している、もしくはしていた人間限定。) (複数回答可)

先輩の有無 友人の有無 興味がある 活動日程 その他
集計     9            42            42            3    9

質問4 サークルに入らなかった理由は何ですか?(複数回答可)

興味のあるものが無い 実際のサークルとの違い サークルに興味が無い
         9                 0                  7
知り合いの有無 両立不可 情報未入手 その他
       2            6     0           1


質問5 現在サークルに入るなら何を優先しますか?優先するものを下の選択肢の中からあるだけ○をつけてください。


友人の有無 先輩の有無 活動費 雰囲気 活動日程の都合 イベント数
    57            16           8 68      21             14

男女比 活動熱 他サークルとの交流 他大学サークルとの交流 人間関係
  11   30          1          3            28


報告書本文にも記述してあるが、どの質問に対しても友人の項目が多く選ばれている。
このデータが統計的な根拠はないにしても、理論を裏づけるものとして参考にできると考える。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|