【クラス】


セイバー

【真名】


比那名居天子@東方Project

【ステータス】


筋力B 耐久A 敏捷C 魔力B 幸運C 宝具A++

【属性】


中立・善

【クラススキル】


対魔力:C
魔術発動における詠唱が三節以下のものを無効化する。大魔術、儀礼呪法等を以ってしても、傷つけるのは難しい。

騎乗:D+
騎乗の才能。大抵の乗り物なら人並み以上に乗りこなせるが、獣は乗りこなせない。但しセイバーの場合は、要石と呼ばれる物を自由自在に乗りこなせる。

【保有スキル】


天人:E-
厳しい修行を長年続けるか、功徳を認められるか、悟りを啓くか等をして、天界にまで至る事の出来た人間。人間でありながら、神霊と化した存在達。
本来であればランク相当の神性、カリスマ、騎乗、弁舌、神通力、飛行などと言ったスキルを複数併せ持つ複合スキルであるのだが、
セイバーは正式な手順で天人へと至った訳ではなく、棚からぼた餅的に天人になった存在の為、そのランクは最低クラス。上記の複合スキルの殆どを発揮出来ない。
唯一発揮出来る力と言えば『飛行』だけだが、これは元々セイバーの住んでいた天界及び幻想郷の住民なら誰もが持っていたスキルである為、天人特有のものではない。
修行した訳でもなければ得を積んだ訳でもないのに天人へと至ったセイバーを、他の天人達は『不良天人』と揶揄していた。

地殻操作:B+
地震を司っていた比那名居一族の一員としての権能。セイバーは『大地を操る程度の能力』を保有する。
地震を引き起こす事は勿論の事、地面を隆起させて攻防に転用させたり、土砂崩れを引き起こしたりなど、大地を多芸に操る事が出来る。
聖杯戦争に際しては、この権能を発揮出来る有効範囲はかなり局所的な物に制限されている。

無念無想の境地:A
自分自身、及び自身が有する能力に絶対的な自信を抱いている。境地とは言うが、何も極めておらず、何処にも到達していない。
そもそも無念無想と言う境地からセイバーは最も遠い所にいる少女である。あるのは過剰すぎる自信から生まれる、精神・肉体の絶対性である。同ランクの信仰の加護の効果を持つ。

【宝具】


『緋剣よ、天霧を断て(緋想の剣)』
ランク:A+ 種別:対人宝具 レンジ:2 最大補足:1
セイバーが住んでいる天界に於いて、其処に住まう天人達の宝物として扱われている宝剣。
『緋』とはいうが、剣身の色は緋色と言うよりは、橙色。金属的な剣身を持たず、松明の炎の様なエネルギーが柄から吹き上がっている。
天人にしか振るう事は出来ない特殊な剣で、特殊な出自で天人に至ったとは言え、セイバーもまたこの宝具を問題なく振う事が可能。
周囲の気質を集めて自らの力にすると言う特質を持ち、気そのものを斬り断つ事が出来る。此処で言う『気質』とは、生物や無生物問わず、あらゆるものに宿る気の事である。
対峙した相手の気質を放出させ、それを解析した後で、気質を吸収。吸収した相手の気質の弱点となる気質を剣身に纏わせる事が出来、
この状態の緋想の剣にダメージを与えられると、特攻ダメージを与えられ、通常の倍のダメージを受ける事となる。
また、生物から気質を吸い上げる事で、セイバーと気質を吸収した生物の周囲のみを、その気質に対応した天気に変える事が出来る。
この天候操作は、相手が有する固有の気質が影響するので、セイバー自身は天候を自由に操作すると言う芸当は出来ない。

『全人類の緋想天』
ランク:A++ 種別:対城宝具 レンジ:1~99 最大補足:1000
宝具・緋想の剣の性質、気質を吸収すると言う特質を活かした、セイバーの必殺技が宝具となったもの。周囲の気質を緋想の剣に吸収、凝縮させ、一気に解き放つ超大技。
これに“気質”に変換させた所有者の魔力を加えさせ、凝縮した気質+気質に変換させた所有者自らの魔力を、収束・加速させる事により運動量を増大させ、
気質の奔流を極大のレーザービームの形にし、圧縮された気質のレーザー及びそれが発生させる衝撃波によってありとあらゆる物を薙ぎ倒し、破壊する。

【weapon】


要石:
注連縄の巻かれた大岩。地震を鎮める力を持つ。地面に挿す事で、地脈の力を抑え、地震を抑制させる力を持つが、あくまで地脈を抑え、
本来起る筈だった地震の力を溜めるものであるので、不用意に地面に刺さった要石を引き抜くと、溜められた地震の力が一気に解放され、大地震が勃発する可能性がある。
セイバーはこれを無数に生みだし、高速で飛来させ飛び道具にしたり、空中に浮かばせ足場にしたり、防壁にさせたりと、多種多様な使い方を披露する。

【人物背景】


 天界に棲む不良天人。比那名居家は元々は地震を鎮める要石を護る神官であった。
だが、比那名居家の要石の存在も虚しく地震は頻繁に起こった。その度重なる地震により地震を担っていた天人、大村守(おおむらのかみ)の仕事が追いつかず、
幻想郷一帯の地震は当時、大村守に遣えていた名居(なゐ)一族に任すこととなった。名居一族は地上の神官であったが、死後に名居守(なゐのかみ)と呼ばれ、
神霊として山の池の畔にある小さな祠に祀られる事となった。名居守は今も静かに幻想郷を見守っているのである。
それと同時に、生前の名居守の部下であった比那名居(ひななゐ)一族も、その功績をたたえられ、天界に住むようになった。
だが、比那名居一族は他の天人とは異なり、修行を積んだわけでも無く、ただ名居守に遣えていただけだったので、天人としての格を備えておらず、
天界では不良天人とすら呼ばれていた。比那名居地子(ちこ)は名居守に遣えていた親のついでに天人になっただけの、幼い子供だった。

【サーヴァントとしての願い】


取り敢えず聖杯戦争を異変として認識している。たまには巫女みたいに異変解決をするのも悪くはない