【クラス】


アサシン

【真名】


ピティ・フレデリカ@魔法少女育成計画JOKERS

【パラメーター】


筋力:C 耐久:C 敏捷:C 魔力:B 幸運:A 宝具:B

【属性】


混沌・中庸

【クラススキル】


気配遮断:E
自身の気配を消すスキル。
アサシンは宝具の性質上本体が気配を消す必要が無いため気配遮断のランクがすこぶる低い。
E程度ならば他人の部屋を物色していても発見されるまでは気配を感付かれない程度。

【保有スキル】


魔法少女:A
魔法少女である。ランクが高いほど高水準の魔法少女となる。
魔法少女は人間離れした戦闘能力と視覚聴覚を得、排泄や食事などの新陳代謝行為を一切行わなくて良くなる。
また、疲労の蓄積する速度が人間よりも遥かに遅く、長期の不眠不休にも耐えられるスタミナと常人離れしたメンタルを持つ。
更に、固有の魔法を1つ使える。アサシンの場合それは宝具となる。
アサシンは魔法少女としての技術・スキルは最高水準、かつ魔法も希少価値が高く戦闘や交渉・対魔法少女の駆け引きにも優れているため最高のAランクとなる。
そしてアサシンは魔法少女の状態で呼び出されているためこのスキルの発動は阻害できない。

収集癖(髪):A
髪の毛に対する性愛まで届かんほどの執着。
とりあえず目に付いた髪の毛は集めておくし、一度髪の毛を手に入れた相手からも何度も髪の毛を入手しようとする。
みずみずしい髪の毛、つやめいた髪の毛などが大好きで宝具越しにそれらを見ると入手したくてしょうがなくなることもしばしば。
特に魔法少女の髪の毛が大好物。
行動時に髪の毛についてのあれこれで行動を失敗する可能性が高くなる。
ただし、どれほど魅力的な人物・魅力的な髪の持ち主であったとしても死んでしまえば彼女/彼の髪への興味はなくなる。この点に関しては例外あり。
性癖由来のスキルであるため無効化不可能。無効化するとキャラ崩壊となる。

審美眼(髪):A
髪を見分ける力。
一度出会った人間ならば髪の毛を見誤ることはない。また、集めた髪の毛を見誤ることもない。
更に相手が髪に対して特殊な逸話を持つ人物であったならば、その髪を見ただけで真名までたどり着ける。
性癖由来のスキルであるため無効化不可能。無効化するとキャラ崩壊となる。

情報管理:A
情報を集め、それらを記憶しておくスキル。
宝具によって収集した情報のすべてを記憶する知能の持ち主。
更に人づてや本やテレビなどからの情報も決して忘れない。

戦略家:B
話術や策略といった舌戦・頭脳戦関係のスキルの複合スキルであり、それらすべてを高度に使いこなすことが可能。
彼女の交渉成功率は限りなく高く、作戦の成功率もまた高い。
相手の心理を完璧に読みきっての行動なども多く、挑発などにも一切応じない胆力を持つ。
ただし完璧というわけではない。不意を付かれれば失態を犯すし、不確定要素で失敗も起こす。

【宝具】

『水晶玉に好きな相手を映し出せるよ』
ランク:B 種別:対人 レンジ:99 最大捕捉:10
アサシンの暗殺者たる性能を裏付ける宝具。
発動には他者の髪が必要不可欠。
指に髪の毛を巻き付けて水晶玉にかざすことで手持ちの水晶玉にその髪の持ち主の姿を写すことができる。
それ単体で一切相手に感付かれない魔法の監視カメラであり、一方的に相手の動向を探ることが可能である。
同時に捕捉できるのは両手の指分の10人、かざす指を変えることでチャンネルを変えるように写す相手を変えられる。
また、巻きつける髪の毛を変えるというワンアクションを挟むことで捕捉する相手を切り替えられる。
更にアサシンは研鑽を積むことで水晶玉越しに相手に干渉すること・水晶玉から相手を引きずり出し、水晶玉の先へ自分を含む別のものを転送させる魔法へと進化させている。

この宝具の発動するには相手の髪をアサシンが入手している・相手の髪がアサシンの指に巻きつけることが可能であるという条件をクリアする必要がある。
髪の毛が短い、痛みが酷くちぎれやすい、ハゲみたいなもんなどの相手には通用しない。
ただし、髪の毛を持つ相手ならばNPC・マスター・サーヴァントの誰でもこの宝具の対象たりえる。
変身によって姿形が変わる相手や髪の毛入手後に散髪した相手なども髪の毛を持っていれば変身前・散髪前の髪を入手していれば永続的に把握が可能。

【weapon】


魔法の水晶玉。これを奪われるとアサシンは宝具を使用できなくなり立ち回りは一気に厳しくなる。
アルバム。すぐに使わない髪の毛は懐に入れずここに挟んでおく。あとで楽しむためには事前の準備が必要だ。

【人物背景】


完全変態☆スーパーヘア~アディクションな魔法少女。
魔法の国の住民ではなく現実世界で暮らす何の変哲もない魔法少女だった彼女。
その本質は狂信者。『完璧な魔法少女の誕生』という崇高な目標を掲げて、その目標のために自分自身を含めた全てを使い潰していく狂気の魔法少女。
一度は積み重ねてきた罪から次元の狭間に幽閉されるも、彼女の支持者によって次元の狭間から脱出。
その後紆余曲折あって魔法の国の影として暗躍を始めた。

お手つきの魔法少女は置いてきた。操作用のレイピアがアサシンの宝具と認識されなかったから連れてこれなかったらしい。