※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【クラス】


バーサーカー

【真名】


バッター@OFF

【ステータス】


筋力B 耐久C 敏捷C 魔力B 幸運C 宝具EX

【属性】


浄化者・狂

【クラススキル】


狂化:E-
正常な判断力を持つ。が、バーサーカーの行動原理の根底には、世界を浄化すると言う思想が根付いており、それを成す為なら彼は妥協はしない。

【保有スキル】


浄化者:EX
世界を浄化する、と言う神聖な使命を負っている者。
バーサーカーは例えその浄化行動の先に如何なる結末が待ち受けていようが、迷う事無くその使命を果たそうと行動する。
バーサーカーの場合は、同ランクの信仰の加護と同じ効果を発揮する。

対霊・概念:B
霊的な存在、または魔的、概念的な存在に対する攻撃の適性及び、それらの存在を感じ取る知覚能力。
バーサーカーはこれらそのもの、あるいはその因子を持った相手と敵対した場合、全てのステータスがワンランクアップする。
霊的な存在である事は確かだが、実体化したサーヴァントにはステータスアップの恩恵は発動しない。
但し、サーヴァントが霊体化した場合、または、実体化してもそのサーヴァント自体が霊的・魔的・概念的な因子を有しているのならば、ステータスアップは発動する。
セイヴァーのクラスで召喚された場合は規格外の対霊・概念スキルを誇るようになるが、バーサーカーとしての召喚で、破壊者としての側面が強く押し出されてしまった為に、ランクが下がっている。

記号使役:A
使い魔使役の延長線上にあるスキル。バーサーカーは『アドオン球体』と呼ばれる、三位一体を成すリング状の記号生命体を3体行使する事が出来る。

真名看破:D
バーサーカー自身が使う事が出来る技、ワイド・アングルと呼ばれる技術によるアナライズ能力。
同ランクの秘匿スキルを持たないサーヴァントであれば、真名を看破する事が出来る。

【宝具】


『アドオン球体(Spherical Add-Ons)』
ランク:A+ 種別:対人~対軍宝具 レンジ:1~20 最大補足:1~20
バーサーカーが使役する三体の記号生命体、通称アドオン球体と呼ばれる存在が宝具となったもの。
白色のリングとも言うべき姿をした彼らが何者なのかは解っておらず、使役するバーサーカー自身も、彼らが何処から来て何の為にいるのか理解していない。
解っている事は、三体にはそれぞれアルファ、オメガ、エプシロンと言う名前がある事。彼らは三位一体を表している事。
そしてそれぞれ、アルファが父なる者、オメガが子なる者、エプシロンが聖霊なる者を表している、と言う事だけであり、それ以上の事は詳細不明。
彼らは意思を持っているのか、そもそも生命体なのかすらも疑わしい存在だが、独自の行動原理を持っている事は確かであり、バーサーカーが敵と認識した存在に対して、バーサーカーと共に戦闘を行う事が可能。

アルファは高い威力の攻撃と状態異常の付着攻撃を、オメガは種々様々な状態異常の回復と敵のステータスを一時的に下げる攻撃を、
エプシロンは範囲攻撃とバーサーカー及び他のアドオン達のステータスアップを、それぞれ担当している。
3体がそれぞれ豊富な魔力を持っている為に、宝具を発動、維持させたとしてもバーサーカーやマスターに掛かる魔力消費は少なくて済むが、
長時間動かし続ける、或いはそれぞれのアドオン達が保有している魔力が底を尽きた場合には、バーサーカーあるいはマスターから魔力を徴収する。
また彼らは非常に強い霊的、及び概念的性質を有した存在であり、生身の人間は強い霊感が備わってなければ感知も視認も不可能。
サーヴァントは視認こそ出来るが、アドオン球体に攻撃を仕掛けたとしても、対霊・概念属性の備わった攻撃でなければ、行動を鈍らせる事も出来ない程の耐久性を発揮する。

『Demented Purificatory Incarnation(The Batter)』
ランク:EX 種別:対人宝具 レンジ:- 最大補足:自身
何者かによって世界の浄化を任命され、其処に蔓延る悪性存在を粛正する為に生まれたバーサーカーそのもの。つまりこの宝具はバーサーカー自身を指す。
バーサーカーの攻撃には本来備わっている物理的な干渉力とは別に、強い浄化の属性が宿っており、吸血鬼や食屍鬼、悪魔の属性を持つ者や、
霊的・概念的な存在に対して、絶大なダメージを与える事が可能。いわば行動の1つ1つが、高ランクの洗礼詠唱のようなもの。
バーサーカーはまた、既存の魔術や奇跡ともアプローチの違う、『保守』と呼ばれる回復手段を持ち、癒しの技術にも造詣が深い。
霊的・概念的・魔的な存在が統治する領域や世界の統治者をバーサーカーが倒した場合、その世界から肉体を持つ全存在は消滅。
霊魂だけが浮遊する、一面真っ白の浄化された世界だけが広がるようになる。バーサーカーの究極の理想は、<新宿>を含めた、世界全土をこの境地にする事。

バーサーカーはセイヴァーとしての適性も持ち、セイヴァークラスで召喚された場合は上記の宝具は『Purifier(The Batter)』となる

【weapon】


尖った両手:
指先が異様に尖った両手を持つ。これを持って相手を引き裂く。が、本来のバーサーカーはバットを用いて撲殺する戦い方を好む所とする。

【人物背景】


この男の根幹を成しているであろう諸々の要素を語るに相応しい者は、この私の他には存在しないようだ。親愛なる君達の為に一肌脱ぐ事としよう。
私の猫のまなこから見た、このバッターと言う男は途方もない愚か者だ。盲目的な確信と確固とした期待、そして誠実極る信頼を裏切ったペテン師だ。
世界を浄化する、と言う人類の歴史の中で大体1千万の人間は抱いたであろう陳腐な大義名分の下に、聖母の如き女性と無抵抗の子供を殴り殺した狂人だ。
彼は世界を浄化などしなかった。彼は世界を破壊し、一切の生命を根絶やしにし、1つの世界を無の水底へ沈めてしまった罪人だ。
だが、今回のこの男はセイヴァーではなくバーサーカーとして呼び出されたらしい。因果応報だな、この愚物を表現するのにこれ以上と無い皮肉だ。

さて、私はこの【人物背景】と言う小狭なパラグラフの冒頭で、バッターと言う男を語るに相応しいと比類ない自信を以て口にした。
事実私は、この男が我々の世界に現われてから世界を滅ぼした軌跡を目の当たりにして来た証人だからね。それを雄弁に語れる資格がある。
そんな私でも、バッターについて解らない事柄が多い。いや、訂正するべきか、我々はバッターの殆ど全てを理解していない。
我々はバッターと言う狂人が、我々の世界で何を成したかと言う事柄には君達の先を行く知識を持っているが、バッターが何者で、何処から来て、
そもそも誰から世界の浄化を任命されたのか、これらの事柄について我々は甚だ無知であると言わざるを得ないだろう。
確かなのは、バッターは女性と子供を撲殺し、許し難い彼の蛮行を止めようと現れた、誰もが愛してやまない無垢な猫であるこの私をも撲殺し、1つの世界をOFFにするレバーを倒したと言う事だけだ。

恐らく、君達の知的器官、つまり、そのだらしない頭蓋の中でたゆたっているプティングよりも柔らかい物体で考えたとしても、
私がこの【人物背景】と言うパラグラフで、何処ぞの誰より説明せよと言われ、言われるがまま語った事柄について、全く理解を示せていないだろうに思える。
無理もない。我々の辿った道程は非常に多角的な解釈が可能であり、1つの枠に当てはめた説明は、かえって危険だろうと考えたのだ。
故に、私が語れるバッターの軌跡は此処までとし、彼に対する解釈も此処で打ち切るとしよう。
しかしそれではあまりにも不親切であり、この【人物背景】と言うパラグラフを此処まで読んでくれた君達に対して猫の糞を砂ごと飛ばすが如くに失礼だ。
そこで、私の方から提案がある。良いかね、それは、この男の軌跡を体験する……即ち、OFFと言うゲームをプレイすると言う事だ。
此処にURLを張って置く。この世界の流儀に則って、頭文字のhは抜いて置く。是非ともプレイし、バッターの狂人ぶりと、この私ジャッジの愛くるしさを堪能して貰いたい。


                          『ttps://offjptranslation.wordpress.com/』


【サーヴァントとしての願い】



神聖な任務を、ただ果たすだけ。