【クラス】


バーサーカー

【真名】


黒贄礼太郎@殺人鬼探偵

【ステータス】


筋力A+++ 耐久EX 敏捷A+ 魔力E- 幸運E- 宝具D

【属性】


混沌・中庸

【クラススキル】


狂化:EX
バーサーカーでありながら意思の疎通も言葉によるコミュニケーションも可能。
但しバーサーカーの思考は『殺す』と言う思考のみに特化されており、損得勘定など一切無視して、ありとあらゆる人間を殺害してしまう。
状況次第ではマスターすらも殺害対象になり、実質上このバーサーカーを制御する事は、不可能に近い。

【保有スキル】


不死
不死。葬る手段がない。
首を斬られようが体中を燃やされようが、身体の半分近くをひき肉にされてもライフル銃で胸を撃たれても、バーサーカーは死ぬ事がなかった。
傷の再生には魔力を消費し、死亡からの復活となると、莫大な魔力を消費する。バーサーカーの特技は、誰も知らない所でこっそり復活である。

戦闘続行:EX
往生際が悪すぎる、と言うより往生際がない。どんなに身体をズタズタにしても、首を切断しようとも、戦闘を続けようとする。
四肢の一部が極限まで炭化したり、骨だけの状態になり神経や筋肉がない状態でも、十全の状態で戦闘が可能と言う怪物。
足止め程度の攻撃では、バーサーカーの殺害意欲は先ず削ぐ事は不可能。

怪力:A+++
一時的に筋力を増幅させる。魔物、魔獣のみが持つ攻撃特性……なのだが、バーサーカーは何故か人間なのに有している。
使用する事で筋力を向上させる。バーサーカーの場合は発動した場合相手を殺すか、その相手に逃げられでもしない限り、永続的に筋力が向上し続ける。
更にバーサーカーは、怪力スキルを筋力だけでなく敏捷にも適用させる事が出来、瞬間的に凄まじい速度での移動をも可能とする。

貧困律:D
人生においてどれだけ金銭と無縁かと言うスキル。ランクDは、纏まった金が入り難いレベル。
バーサーカー自体の宿命もそうであるが、探偵の仕事を依頼して来た依頼人を、報酬金を支払う段階で殺してしまうなど、バーサーカー自体のせいによる所も大きい。

威圧:C
普段のバーサーカーは眠たげな瞳をした気だるげな男であるが、殺人の際になると、絶対零度の冷たさを宿した、機械的な瞳をするに至る。
ランク以下の精神耐性の持ち主は、その余りの眼力に即座に怯んでしまう。

【宝具】


『狂気な凶器の箱(凶器くじ)』
ランク:D+ 種別:対人宝具 レンジ:1~3 最大補足:5
生前バーサーカーが殺人に使っていた道具の数々が、宝具となったもの。
バーサーカーは依頼を引き受ける度に、依頼人にくじを引かせ、引いたくじの番号に対応した凶器で、事件を(力技で)解決させてきた。
相手サーヴァントと対峙する度にマスターにくじを引かせ、そのくじ番号と同じ武器が、何もない虚空から出現。それを握ってバーサーカーは戦闘に臨む。
チェーンソーやククリナイフ等のいかにもな武器もあれば、スプーンや着ぐるみなど、およそ武器とは言えないものまで、実に多種多様な凶器が揃っている。
凶器くじで選ばれた凶器は、Eランク相当の宝具として扱う事が可能。

【weapon】


凶器くじに収められた武器の数々:
色んなものが入っている。因みに探偵業の収入の殆どを、この武器の購入に充てている。

【人物背景】


史上最強の殺人鬼。最悪の破壊者。異世界アルメイルの元魔王。第一回世界殺人鬼王。世界を破壊しかけた男。
様々な呼び名を持っているが、一つ確かな事は、彼は何処までも殺人鬼であると言う事だ。

【サーヴァントとしての願い】


不明