【マスター】


エリザベス@PERSONA3

【マスターとしての願い】


全人類の悪意から、人類とニュクスを護る楔となった有里湊を解放する

【weapon】


ペルソナカード:
弾丸以上の速度で射出したり、縁の部分で切断したり出来る。エリザベスが使えば、下手な宝具とでも打ち合える程

ペルソナ辞典:
縁や表紙の部分で殴る。滅茶苦茶な威力を誇り、耐久A以上のサーヴァントですら無事では済まない程のダメージを負わせる事が出来る

【能力・技能】


ペルソナ能力:
心の中にいるもう1人の自分、或いは、困難に立ち向かう心の鎧、とも言われる特殊な能力。
この能力の入手経路は様々で、特殊な儀式を行う、ペルソナを扱える素養が必要、自分自身の心の影を受け入れる、と言ったものがあるが、
超常存在ないし上位存在から意図的に与えられる、と言う経緯でペルソナを手に入れた人物も、少ないながらに存在する。
だがエリザベスに限らず、彼らベルベットルームの住人は、如何なる経緯でペルソナ能力に覚醒したのかは、一切不明。
彼らのペルソナ能力を操る才能は、同じような世界観の並行世界を含めて考えても最高クラスのそれであり、彼ら自身が下手をすればサーヴァントとして招かれかねない程。
以下のペルソナを使用可能
魔術師:スルト
魔術師:ジャックフロスト
戦車:トール
塔:クーフーリン
永劫:メタトロン
死神:アリス
隠者:ネビロス
塔:マサカド
恋愛:ピクシー

また彼女に限らず、ベルベットルームの住人は総じて、人智を逸した強さを誇る存在で、身体能力も所有魔力量もサーヴァントに迫る物がある。
言い換えれば、人の形をした化物のようなもの、という認識でも、概ね間違っていない

【人物背景】


ベルベットルームの住民だった女。力を管理する者。長い鼻の老人に仕えていた女。愛と恋とに狂った白金の華

【方針】


聖杯を分捕る。今は聖杯戦争の管理。……ちょっと参加者と戦ってみたいのは秘密