【クラス】


アーチャー

【真名】


魔王パム@魔法少女育成計画Limited

【ステータス】


筋力A 耐久B 敏捷B 魔力A 幸運D- 宝具A

【属性】


中立・悪

【クラススキル】


対魔力:B
第二節以下の詠唱による魔術を無効化する。大魔術、儀礼呪法など大掛かりな魔術は防げない。

【保有スキル】


魔法少女:A+
魔法少女である。ランクが高いほど高水準の魔法少女となる。
魔法少女は人間離れした戦闘能力と視覚聴覚を得、排泄や食事などの新陳代謝行為を一切行わなくて良くなる。
また、疲労の蓄積する速度が人間よりも遥かに遅く、長期の不眠不休にも耐えられるスタミナと常人離れしたメンタルを持つ。
更に、固有の魔法を一つ使える。アーチャーの場合それは宝具となる。
アーチャーは遍く魔法少女たちの中でも最上級の格を持つ存在にして、余りの強さから魔王とすら呼ばれていた女性であり、そのランクは最高レベル。
そしてアーチャーは魔法少女の状態で呼び出されているため、このスキルの発動は阻害できない。

戦闘狂:A
その優美な外観からは想像もつかないが、アーチャーは凄まじいまでの戦闘狂である。
元々は一つの国家の一部門に所属していた魔法少女の為、任務を下されればそれなりの分別は付けるが、強い魔法少女を見るとその衝動が抑えられない。
アーチャーの場合は同ランクの勇猛と心眼を兼ね備えた複合スキルでもある。

無窮の武錬:A+
ひとつの時代で無双を誇るまでに到達した武芸の手練。心技体の完全な合一により、いかなる精神的制約の影響下にあっても十全の戦闘能力を発揮できる。
アーチャーが潜り抜けて来た修羅場は百や二百では効かず、このスキルを獲得するに相応しい存在である。

教授:C+
特定人物に何らかのスキルや心得を付与させる才能を表すスキル。ランクCは、当人の意気ごみと資質、用意された時間次第でE~Aランクのスキルを付与させられる。
音に聞こえた魔王塾の総長とは即ちアーチャーの事であり、数々の有名人や問題児を輩出して来た事で名が知られる。

【宝具】


『四枚の黒くて大きな羽で戦うよ』
ランク:E-~A+++ 種別:対人~対星宝具 レンジ:1~ 最大補足:1~
アーチャーが魔法少女になった事で獲得した唯一の魔法にして宝具。そして象徴。身体から生えている四枚の黒くて大きい魔法の羽を自由自在に操る宝具。

これだけで済ませるのならば宝具ランクに全く見合わぬ性能であるが、その実態は究極と言っても良い程の汎用性の高さを誇る魔法。
アーチャーの黒羽は、彼女の意のままにそのステータスを自由に上下させる事が出来る。羽の強度や鋭さは当然の事ながら、質量や密度、
物質的組成や元素構成、果ては魔術的な組成から神秘の格や特定の性質(放射性や神性、魔性や獣性まで)まで付与させる事が出来る。
また破壊範囲や攻撃速度までもが自在に調整が可能であり、兎に角、アーチャーが意識した性質ならば自在に調整させられる。
余りの強力さの故に、地上文明圏において全力を出す事を禁じるとまで言い渡された程の力であり、その気になれば神造兵装レベルの宝具と同等かそれ以上の威力の性質をも、付与させる事が出来る。

【weapon】


【人物背景】


魔法の国の外交部門に所属していた魔法少女の一人。曰く、外交部門の決戦兵器、大量破壊が可能な魔法少女、魔王塾総長。
嘗てない程強力な魔法を操り、百や二百じゃ通用しない程の戦場を駆け抜け、その全てに戦果を上げて来た歴戦の魔法少女。
ある時期、某都市に逃げ込んだ魔法少女の凶悪犯を仕留める、と言う任務を遂行。誰もがいつもの様に成功すると思っていたその任務で、彼女は命を落とす。
彼女が命を落とした最大の原因は、自らの人を見る目の無さであったと、知る者は誰もいない。

【サーヴァントとしての願い】


願いは完全な状態での復活。だがそれ以上に、戦いたい