※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第一話:天国の算数 と 地獄の算数

 生徒は、現在の算数が【地獄の算数】であることを知りません。
 現在の算数:無数の公式と無数の解法。→ 地獄への道
 新しい算数:1つの万能公式と1つの解法。→ 天国への道
 生徒は、この【天国の算数】の存在すら知らないのです。

天国の算数:
 問題:(1個 、10円)→(15個、□円)
 意味: 1個 10円の品物を15個買うといくらになりますか?
 解答:(1個 、10円)×15=(15個、150円)……□円= 150円
 意味:個数が15倍なら、代金も15倍になります。比例の法則です。

応用例:
 ①:(2g、5cm)→(□g、15cm)→(10g、△cm)……太さ一様のはりがね
 ②:(2km、5分)→(□km、15分)→(10km、△時間)……速さ一定
 ③:(2g、5g)→(□g、15g)→(10g、△g)……濃度一定
 ④:(高さ2cm、底辺5cm)→(□cm、15cm)→(10cm、△cm)……相似形
 ⑤:(分子2、分母5)→(□、15)→(10、△)……同じ大きさの分数

天国の算数:
 (2、5)×3=(6、15)……□=6
 (2、5)×5=(10、△)……△=25
 これが①から⑤までの共通の解答式です。異なるのは単位だけです。
 原理は比例の法則です。→詳しい説明は第二話で。
 従来の公式は全て消滅します。
 九九さえ知っていれば、低学年生にも解けます。

現在の算数=地獄の算数:
 生徒は無数の公式と解法に苦しんでいます。
 ①単位量の公式、②速さの公式、③濃度の公式。
 単位が変わるごとに無数の公式が生まれます。
 ④、⑤のように公式のない例も数多くあります。
 いずれにしても、決まった解き方はありません。
 生徒は公式や解き方を全て覚えなければならないのです。
 救いのない【地獄の算数】が待っている訳です。


第二話:比例の法則と万能公式

 公式は、法則ではありません。単なる技法に過ぎません。
 ですから、有害で無益なら使わないほうが賢明なのです。

新算数の世界:万能公式
 問:(12g、4cm)→(60g、□cm)……(→)は比例するという意味です。
 考え方:重さが5倍だから、長さも5倍になります。
 答:(12g、4cm)×5=(60g、20cm)……□cm=20cm

従来の算数の世界:無理な公式、無駄な公式
 第一公式:重さ(g)÷長さ(cm)=1cmぶんの重さ……12÷4=3
 無単位式では、誰もウソに気づきません。
 20g÷16cm……常識的には、こんな割り算できません。
 12g÷4cm=6g÷2cm=3g÷1cm……これが真相です。
 実際は、重さと長さを同じ数で割って簡単にしているに過ぎません。

 第三公式:重さ(g)÷1cmぶんの重さ=長さ(cm)……60÷3=20
 これも、真っ赤なウソです。
 60g÷(3g÷1cm)=60g÷3g×1cm=20×1cm=20cm……これが真相です。
 重さが20倍だから長さを20倍するという比例計算をしているのです。

 公式2本の計算経路:
      第一公式     第三公式
        ↓        ↓
 (12g、4cm)→(÷4)→(3g、1cm)→(×20)→(60g、2ocm)
 公式で解いても、結局は【比例の法則】なのです。

 万能公式の計算経路:
 (12g、4cm)→(×5)→(60g、2ocm)
 1回の計算で済みます。

解法比較:
 万能公式は、公式ある問題、公式のない問題、いずれにも対応します。
 従来の公式が通用するのは、その単位だけです。
 これだけでも、どちらの算数が本物か、小学生にも分かります。


第三話:公式の真相(1)

 異単位の公式で解いても、簡単にすると必ず【万能公式】になります。
 この理屈が分かったら、公式を使う生徒はいなくなります。

公式の真相:パック売りの卵で検証
 問:(50円、3個)→(□円、15個)……パック売りです。

 旧算数の世界:
 第一公式:代金÷個数=1個のねだん……パック売りなのに単価?
 第二公式:(1個のねだん)×個数=代金
 (50円÷3個)×15個……異単位の割り算は計算不可能です。
 =50円÷3個×15個……そこで、次のように計算順序を変えます。
 =50円×(15個÷3個)……同単位の割り算になり計算可能になります。
 =50円×5……個数が5倍だから、代金も5倍。
 =250円

 万能公式:(50円、3個)×5=(250円、15個)……答 250円
 第一公式も第二公式も要らないのです。
 万能公式1本で済みます。計算もはるかに簡単です。

従来の公式のカラクリ:
 第二公式は、第一公式を含んでいます。
 第二公式の計算を分析すると、異単位の割り算ができないので、同単位
 の割り算に直していることが分かります。
 計算の中で公式の無理(異単位の割り算)を修正しているのです。
 これを指摘する専門家がいません。
 ですから、馬鹿馬鹿しい公式指導が続くのです。
 反論なさるなら、論証してください。

 公式で解いても、結局は万能公式に戻るのです。
 要するに、何個何円でも良いのですから、単価の公式は要らないのです。

 これでも公式を使う理由があるのでしょうか? 




第四話:公式の真相(2)

 割合の公式(同単位)について検証します。

例題4:
 5打数に2安打の割合で打つ野球選手がいます。
 14安打を打つには、何打数を要しますか。打率は一定とします。

従来の算数:
 第一公式:安打数÷打数=打率……2本÷5本=0.4……打率4割
 第三公式:安打数÷打率=打数……14本÷0.4=35本
 これらの公式は間違ってはいません。しかし、必要ないのです。

公式解の真相:分かり易くするために、単位を安打数と打数とします。
 □打数……(打数=安打数÷打率)
 =14安打÷0.4……小数の割合では、真相はつかめません。
 =14安打÷(2安打÷5打数)
 =14安打÷2安打×5打数……安打数は7倍
 =7×5打数……打数を7倍
 =35打数……結局は万能公式と同じことになるのです。

万能公式:例題4の解答
 問:(2安打、5打数)→(14安打、□打数)……安打数は7倍。
 答:(2安打、5打数)×7=(14安打、35打数)……□=35
 ★ 単位を本数とせずに、意味の分かる単位がつけられます。

計算の無駄:
 言葉の式では、打率を求め、次に打数を求めています。
 (5本、2本)→(÷5本)→(1、0.4)→(×35本)→(35本、14本)
 万能公式では、直接に打数を求めます。
 (5本、2本)×7=(35本、14本)
 打率を求めるだけ遠回りなります。打率は必要ないのです。
 従って、打率を使う第二公式も第三公式も要らないのです。

 割合の公式には、食塩水の濃度や売買の歩合などがありますが、同様に
 万能公式で説明できます。従って、なかまの公式も要らないのです。



第五話:教科書の誤り

 現場の先生方は、文科省の指示に従って教科書を教えます。
 生徒は、教科書を信じ、先生を信じています。
 従って、誰も誤りに気づかないのです。

例題5:教科書の問題
 4㎗のペンキで20㎡の板を塗れるとします。1㎗のペンキで何㎡の板を
 塗れますか。

教科書の説明:
 教科書では、2本の線分図(ペンキ量と面積)を使っています。
 ペンキ量を4で割ったら、面積も4で割る説明をしています。
 20÷4=5……(1)……答 5㎡
 第一公式:面積÷ペンキ量=1㎗で塗れる面積
 20÷4=5……(2)……答 5㎡

教科書のウソ:
 (1)式の後で、公式と(2)式を見れば、生徒は同じ意味と錯角します。
 教科書がウソを教えてはいけません。
 公式を教えるなら、次の様にしなければならないのです。
 第一公式:面積÷ペンキ量=1㎗で塗れる面積
 (20÷4=5÷1)……(3)……5㎡÷1㎗です。無単位でも1は省けません。
 第二公式1㎗で塗れる面積×ペンキ量=面積
 (5÷1)×1=5……(4)……答 5㎡
 学習指導要領も(3)(4)式を示していません。
 ですから、教科書を作成する専門家たちもこれに従うのです。

 ★ (1)で答が出ているのに、なぜ公式を示すのでしょうか?
 ★ 説明するときに単位をつけるのは数学や理科の常識です。
   ただの計算なら無単位式でも構わないのです。
 ★ 解答:(4㎗、20㎡)÷4=(1㎗、5㎡)……万能公式

 恐ろしいのは、誤りを指摘されても訂正しないことです。
 関係者は、未だに反論なしに【黙秘】を続けています。
 建築問題、食料問題などの【隠ぺい】と同じことです。
 それを許すマスコミにも責任があると思います。


名前
メールアドレス
内容

-
-
-