※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第三話:教科書の偽装問題

 昨今、新聞やテレビなどを賑わして偽装問題に相当します。
 文科省や教科書会社がこぞって教科書のミスを隠しているのです。
 マスコミは、それを暴くことができないでいます。

  教科書の問題:
 (3/4)㎗のペンキで(2/5)㎡の板を塗ることができます。1㎗のペンキ
 で何㎡の板を塗れますか?

  単元:分数の割り算
 分数(2/5)÷分数(3/4)=分数(2/5)×分数(4/3)

教科書の説明
 ペンキ量が2倍になれば、塗れる面積も2倍になります。
 だから、次のようになります。
 (3/4)㎗÷3×4=1㎗
 (2/5)㎡÷3×4=(2×4)㎡/(5×3)‥‥②

 註:②式 面積÷係数(ペンキ量ではありません)
   ここから後は【マジックショウ】です。
   見破ってください。

 公式:面積÷ペンキ量=1㎗で塗れる面積
 (2/5)㎡÷(3/4)㎗ ←公式通りに単位をつければこうなります。
 =(2/5)㎡÷3×4 ←上の②式…なぜ㎗が消えたのか?
 =(2×4)㎡/(5×3)

解説:
 教科書では、(3/4)㎗で割るところを(3/4)にして、 
 ②式と公式を結びつけたのです。

 つまり、②の説明ではペンキ量で割っていないのに、公式では
 ペンキ量で割っているのです。
 すべて無単位式にすると誰も気づきません。
 意図したものなら、巧妙な【すり替え】です。
 意図したものでないなら、単なる【誤り】です。
 まさに「知ってやった」「知らないでやった」の偽装問題です。

 しかし、この誤りを指摘しても、文科省は【ノーコメント】です。
 教科書会社も、誤りを公表しません。
 世の人が知らなければ、隠し通すということです。
 どう考えても偽装問題です。

 何も知らない子供たちはどうするのでしょうか?
 彼らに、教育を語る資格があるのでしょうか?

              →教科書問題の正解は別途紹介。


公式の無理:

 公式の使えない問題でも、むりやり公式を使おうとします。
 ここまでくると【公式依存症】です。
 先生が自ら治さない限り、更に蔓延を続けます。


例題3:
 みかんなら20個、りんごなら15個買える金額で、みかん12個買い、
 残りのお金でりんごを買ったところ、ちょうど買うことができました。
 りんごを何個買えたのでしょうか。


参考書
 個数と代金の問題は、例題3で説明した通りです。
 その公式を忘れられない先生方は次のように考えます。

 みかんなら20個、りんごなら15個買える金額を1と仮定します。
 それぞれのねだんは、みかん(1/20)、りんご(1/15)となります。
 この参考書では、 仕事算 と言っています。
 一般公式でも無駄なのに、仕事算の公式を使って更に無駄を重ねます。
 習う生徒は気の毒なものです。


新算数:万能式
 みかん 4 8 12 16 20 ‥‥ 両数列は比例しています。
 りんご  3 6  9 12 15 ‥‥ 表の中に答があります。6です。
 みかん 20-12=8
 りんご 15-9=6

 頭の中で(ドル、りんごの数)と仮定します。
 (20、15)→(8、X)
 (20、15)÷5×2=(8、6)   答 6個

 比例していれば、いかなる単位にも対応します。
 【比例の法則】です。
 従って、頭の中で、好きな単位に置き換えれば良いのです。
 単位に捉われるから、思考範囲が狭くなるのです。




-
-
-