※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 「ボクはアレックス。これはアーレックスだよ。」
  • 強肩かつ守備範囲が広い。2003年開幕戦でその強肩を発動した後は他球団に抑止力として機能する。大本営がその肩を「サンダービーム」と命名したが予想通り定着せず。
  • 打撃は2割9分4厘、21本塁打がデフォ。だから21本を越えない程度で残機をいつ使うのかが問題だった。
  • AAでは「アレックスのホームランマダー?」のドラム、凡退すると「チン」だった。
  • ヒロインでは「You know(「えー」とか「あー」という意味)」を多用する。
  • 2006年、打力の衰えなどから来期の契約更新はないと告げられたアレックスは英智に会いに行き…、アレックス「ヒデ、俺は日本を去るんだ」英智「国内でまだプレーできるんじゃ?」アレックス「俺はドラゴンズが好きだから他ではプレーできない。ヒデ、頑張れよ。」という興味深いエピソードがある。
  • 言葉通りアメリカに帰国し3Aでプレー。しかし成績は振るわず解雇、その後広島の鈴木本部長が値切りまくって格安で契約、結局再来日して広島に入団してしまった。2007年度は打率3割ちょうどと、ブランクを感じさせない活躍をし、中日戦でもよく打った。明るい人柄からか、広島ファンからも結構愛されてる模様。