※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ドアラでも分かる便利なD専用語集-【た行】


タイガー・ウッズ (たいがー・うっず) タイロン・ウッズの二つ名。東尾修やテレ東のアナにこう言い間違われる。

だいこんいも (だいこんいも) ツーストライクなどで相手を追い込んだ時に使用。
おいこんだ→もいこんだ→だんこいも→だいこんいも

大本営 (だいほんえい) 中日スポーツのこと。

大本営発表 (だいほんえいはっぴょう) 中日スポーツから発信される我が軍の情報。

高木チェック (たかぎちぇっく) サンドラの人気コーナー。
放送週の試合で出たファインプレーを、高木守道が独断により評価する。判定が辛いあまり、ショックを受ける選手が続出。以前は「ファインプレー」「普通」の札だけだったが、「惜しい」の札も出現した。
判定基準としては、守道が「自分でもできる」と思ったら「普通」。

チアドラ (ちあどら) 中日ドラゴンズのオフィシャル・チアリーディングチーム「チアドラゴンズ」の略語。2007年シーズンから、OGをメンバーにした「チアドラゴンズブルーマックス」も誕生した。
試合前の「D-STAGE LIVE」はもちろん、試合を彩るダンスチームとして、シャオパオドアラと共にドームを盛り上げてくれる方達。その頑張りっぷりは地元ニュース番組内で特集されるほど。
メンバー等詳しくはこちら(公式)。

痴漢分け (ちかんわけ) ある日の川上が球場入りする映像が流れた際、その見た目がどう見ても連行される容疑者であったため、その髪型を評して「痴漢分け」と呼ばれるようになった。

痴情派 (ちじょうは) どうやらテレビの地上波放送のことを指す模様。
[例]痴情派\(^o^)/オワタ!

チャンテ (ちゃんて) チャンステーマの略。攻撃時にイケイケ状態の時、もしくは一発逆転の場面で流される応援歌で、狙い撃ち川又パウエルの3種類がある。
チャンテがきた時はD専住民もヒートアップ。
この3種を組み合わせたチャンテメドレーは滅多に登場しないレア応援。現地で聞けた人おめ!

中スポ (ちゅうすぽ) ドラファンの愛読紙、中日スポーツの略称。1部100円と安いのは駅売り版でもエロ記事がないから。よって女性でも堂々と読める。他紙と比べ宅配率が高いのが特徴。

中日1 (ちゅうにちいち) 中日が10点以上得点したときに登場するチーム。
完封されたのに中日が勝った場合、こいつの仕業。
20点以上得点すれば「中日2」が登場するらしい。

中日顔 (ちゅうにちがお) 中日に多い独特のイケてない顔、と定義される。
近年は減ってきたが、まだまだD専における中日顔選手の人気は高い。例として、2007年高校ドラフト時、社長がことごとくクジに破れたため外れの外れ1位として指名された赤坂和幸の写真が発掘された際、その写真が笑顔の似合う素敵な中日顔であったため、ハーフイケメンの3巡目指名・樋口賢の話題が多かったスレを席巻したことが挙げられる。

中日動物園 (ちゅうにちどうぶつえん) 動物顔・動物ネタの選手が多い中日を指してこう呼ぶ。
ねずみカピバラカモシカカバクワガタゴリラコアラなどを飼育。
誰が誰だか当ててみよう!

中日ビル (ちゅうにちびる) 名古屋・栄にある。球団事務所もここにある。1階ロビーは日本シリーズなどではPV(パブリック・ビューイング)会場となり球場に行けなかったドラファンが多数集まる。ちなみにテレビは標準サイズ。

中日野球 (ちゅうにちやきゅう) 無死でランナーを出す→犠打→三振→外野フライなど、いまいちどこか物足りない野球のこと。
一時期このようなシーンが体感的に多くみられたのが由来。

直結 (ちょっけつ) 川上岩瀬のリレーのこと。実際にチーム内でも使っている用語らしい。

ツンデレ (つんでれ) ツンツン・デレデレ→突っ放したようで、実は好意を持っていること。愛のムチのこと。
転じて監督のこと。普段は選手を悪く言うことはないが、期待をかけている選手に対してはしばしば名指しで厳しいコメントを発することから。主な対象者は朝倉森野。最近はあっきーも対象になったと噂される。

デラウメーガヤ (でらうめーがや) 「すごくうまい・すごくおいしい」の名古屋弁。
2007年、アオキーズ・ピザのCMで、タイロン・ウッズ選手が放った言葉。
落合監督の長男・福嗣氏と共に「ドラマヨ」という特製ピザを頬張りながら、
福嗣「父ちゃんがんばれー!」
ウッズ「デラウメーガヤ...」
と繰り返すCMから、ウッズが好守備・好打を決めた時などに用いる。

ドアラブログ (どあらぶろぐ) 中日ドラゴンズ-公式ブログのこと。
選手よりもマスコットの写真の方が多いためこう呼ばれている。
管理人は、誰よりもドアラを影で熱く支える石黒哲男広報
Googleで「ドアラブログ」と検索するとトップに出てくる。

ドアラ本 (どあらぼん) ドアラのひみつ かくさしゃかいにまけないよ(PHP研究所出版 ドアラ著)のこと。2008年2月発売。

ドアラマイク (どあらまいく) ヒロインの時に使われるドラゴンズ特製マイク。ドアラの顔がついている。
選手の一言一句に集中したいのに、ヤツによって集中を切らされる者も多数。2007年からドアラ部分がリニューアル。どっちにせよキモイのはお約束である。

東海ラジオの呪い (とうかいらじおののろい) 東海ラジオガッツナイターのコーナーであるYES NOクイズのこと。「○回までに逆転する?」などポジティブな内容だが、展開が逆になってることが多々あるため。
  • 「○○選手が次の打席ヒットを打つ?」→ゲッツー
  • 「○○投手が4回まで無失点に抑える?」→先頭バッターホームラン

東京フレンドパーク (とうきょうふれんどぱーく) TBS系毎週月曜18:55から放送のバラエティ番組。毎年オフには日本一になったチームが出演する。しかし53年も日本一から遠ざかっていた我が軍はフレパ童貞である。
チームが首位にある時期、「日本一になったら誰を出す?」という妄想が頻繁に話に上がるが、D専住民がポジると負けるというジンクスがあるため、たしなめられることもある。でもこの手の妄想は非常に楽しくてやめられない止まらないので困る。番組HP
2007年、せっかく日本一になったのに我が軍への出演要請はなかった模様。

東スポ (とうすぽ) 東京スポーツの略称。東スポは中日ドラゴンズの情報に関してだけはなかなか侮れないため、密かに情報投下を楽しみにしている人が結構いる。

トーチュウ (とうちゅう) 関東ドラファンの愛読紙、東京中日スポーツの略称。トーチュウは中スポと違い、駅売り版にはエロ記事あり。しかし1部120円と他紙より10円安い。F1記事を始めモータースポーツ情報も充実しているところから、モタスポファンからも崇められている。

独身 (どくしん) 主に、川上福留井端の結婚適齢期を過ぎた主力3選手のことを指す。ただし福留は2007年、井端は2008年オフに入籍した。2323、中日顔等のハンデを補って余りある収入とステイタスを持つ彼らが未だに結婚していないことは、ドラゴンズ七不思議の一つに数えられる。しようと思えばすぐできる、多分。

ドミニカ (どみにか) morisigeにとっての宝の山。多くのD専住民にとってはオフの若手鍛錬所。

どらぐら (どらぐら) テレビ愛知で毎週土曜朝に放送されるスポーツ情報番組。ドラゴンズとグランパスの情報(主に選手インタビュー)が半々。しかし住人でもあまり見てる人は少ないか。以前、ウッズのCMメイキングが放送されたこともある。番組HP

ドラHOT (どらほっと) かつて東海テレビにおける毎週土曜日に放送していたスーパーサタデー内のドラゴンズ情報コーナー、ドラゴンズHOTスタジオのこと。2010年9月に数多の中日ファンに惜しまれながら番組終了。司会は峰竜太

ドラワル (どらわる) 名古屋・CBCラジオにおける中日ドラゴンズの応援番組ドラゴンズワールドのこと。編集長(司会)は久野誠。他にCBCの女子アナ、ドラ番記者、論説委員(OB)が出演する。
また、毎週月曜日には井端内野手が生電話で出演する。

トランザム (とらんざむ) 福嗣くんが考え出した、08CSでのドラゴンズのスローガンのこと。元ネタは落合監督や福嗣くんも大好きな「機動戦士ガンダム00」に登場する、ガンダムの力を一定時間、スペックの3倍相当にするシステム。だが、トランザムが切れると・・・
08CSで藤川・クルーンを撃破したのはトランザムを発動させたから。などと言われている。

どんぐりーず (どんぐりーず) 空いている右翼手・中堅手のポジションを争う若手・中堅選手たちのこと。打率.220前後の超低レベルな戦い故にレギュラーが全く固定されず、「誰を起用しても一緒や!」という意味合いから、こう呼ばれることに。該当選手は俺達のAAが使われる。