※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

谷繁「(聞いたのは)練習中かな。風のうわさで。俺がコメントすることじゃない」
  「俺がコメントすることではないでしょう。」
森野「何も聞いてないので話しようがありません」
  「何も言えない。選手はやるべきことをやるだけです。」
荒木「なんで発表がこの時期なんでしょうかね。会社の方針なんでしょうけど…」
  「発表があってもコメントできない。そういう世界に生きています。」
ブランコ「信じられない。試合中に何度も寂しい気持ちになった」
「ベンチでみんな寂しそうだった。最後に優勝して良い思い出を作ってあげたい」
井端「勝つしか無いです。長い間お世話になっているんで」
吉見「(ノーコメント)」
浅尾「ビックリしました。ただ監督から話を聞いたわけではないんで…」
和田「(絶句)」
岩瀬「(コメントは出てこない)」
井上「本人の話も聞いていないし軽はずみなことは言えない コメントは差し控えたい」
小山「僕にもう一度野球をやるチャンスをくれた方。でも全然恩返し出来ていないので・・」
森岡「クビが決まった時に、お前ならどこに行ってもやれるから頑張れ、と言われた。落合監督は野球の厳しさを教えてくれた人」
ノリ「びっくりしています。落合さんのおかげで今の僕があります。それしかないです」
川崎「びっくりしました。サプライズだね。 あの時投げさせてもらっていなかったら今の僕はないかもしれない。僕を送ってくれた人。凄く感謝しています」
ジャーマン「俺も中日のOBの一人だけど、これも時代の流れじゃないかな」
どんでん「きょう中日、試合あるやろ?なあ」「守道さん、もう70歳になられたのか」
ナベツネ
「落合君は俺の家にも来たことがあるんだよ。
 ブスッとしていて愛想はないが、人間はいいんじゃないかな。誠実だよ。
 ただ政治家には向かない。選挙に出ても落ちるだろう。
 監督としては名将の一人なんじゃないかな」