※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 以前は突然崩れることが多く「病」とあだ名されていたが、2007年ローテの一角を担うまでに復活。病返上。
  • しかし油断すると初回から再発することもあり、胃薬は必須。
  • 幼なじみと偶然に再会し、その後結婚するというエロゲ人生を歩む男。
  • 深視力の低下のため、ゴーグルをかけて試合に臨む姿が印象的。
  • 実は投球時はゴーグルが本体を操っているのではないだろうか。
  • 伝説の2004日本シリーズのスライダーはコチラ
  • ちなみに当時の登板は、じゃんけんにより決定。
  • 2007年日本シリーズ第五戦に登板し、8イニングパーフェクトという最高の快投を見せ、9回を抑えた岩瀬と共にプロ野球の歴史に名を残した。
  • また、その当日履いていたのが「可愛い靴」だったことがサンドラ特番の立浪発言にて発覚。
  • ナゴドで打席に立つ時の入場曲は「ウルトラセブン」がテーマだったが、今年から「勇者ライディーン」に変わった。
  • 大阪出身で阪神ファンらしい。甲子園のライトスタンドで応援してたことも・・・
  • ヤクルト田中の生き別れの兄という説がある。
  • 2010年、開幕ローテ入りしたものの、病化し、2軍落ちを宣告される。しかし、それから2ヵ月後に再登録されてから好投を続け自己最多の7勝目を挙げる。
山井(左)とヤクルト田中(右)
さあ立体視に挑戦してみよう。



山井なんて大したことはない。
小学生の頃少年野球チーム『大阪ドラゴンズ』で捕手として野球を始め、
同じマンションに住んでいた同級生のマネージャーの女の子と家族ぐるみで仲良くなり、
彼女が中学入学と同時に親の転勤に伴って名古屋に引っ越したにもかかわらず
以後年に一回は同窓会で親交を温め合い、中学卒業後は
神戸広陵高校に野球留学し、バント練習でたまたま打撃投手を務めた際に
才能を見出されて投手に転向し、当時はさほど傑出した選手ではなかったものの、
努力に努力を重ねた結果、けして名門とはいえない大学、社会人と進むにつれて
メキメキ頭角を現し、都市対抗野球での好投を機にプロスカウト陣から注目を集める存在となり、
奇しくも彼女と出会った野球チームと同じ愛称である『中日ドラゴンズ』からの指名を受けて、
プロ野球選手になるという幼い頃からの夢を叶えるとともに、
愛知県内の幼稚園に勤める彼女と急接近、男女の交際を本格的に開始し、
一人暮らしの食事の管理などグラウンド外での様々なサポートをしてもらい、
交際5年目(出会ってから18年目)の2006年にとうとう幼馴染の彼女と結婚した。
そんなドコにでもいるプレーヤー、それが山井。