※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 神奈川県横浜市出身
  • 横浜市出身なので大洋ファンだったが他チームの選手も好きで現監督の落合を見によく川崎球場に足を運んでいた。
  • キャンプでの落合監督との地獄ノックはある意味名物の一つ。その厳しさは監督が「死ぬんじゃないかと思った」ほどのもの。救急車も待機していたらしい。日本一の共同記者会見で、森野が「振り返ると苦しいことばかりだったが日本一になれてよかった」と発言した際に、監督の目には光るものがあった。
  • 彼の名言として、「僕、野球好きですから」がある。(日本一ビールかけの際、アジアシリーズ、五輪予選とオフがなかなか始まらないことについて問われての返答)
  • 打撃は光るところを見せながらも、守備力が中途半端だったため長年なかなか定位置につけずファンをやきもきさせた。しかし、それが逆に内外野どこでも無難に守れるユーティリティプレイヤーとなるきっかけになった。ちなみに本職はサード。
  • 2007シーズン中、9ポジション中7ポジションを制覇。残すところあと投手と捕手のみである。
  • ホームラン総数に占めるスリーランの多さから、Mr.スリーランと呼ばれる。
  • ホームランの弾道はライナーが多く美しい。槍のように突き刺さると称されるものの、もう少しその腹も引き締めて欲しい。
  • 2007年オールスターでは初出場初打席で初HRをきめた。ちなみに代打での初打席HRは元阪神監督どんでん以来。
  • 試合中、よくドアラ英智藤井と一緒にいることが多い。これに若手を含めてチームドアラと呼ばれることもある。
  • ドアラによく似ていると言われている(川相コーチも認めた)
  • 家が2軒隣の幼なじみと結婚し、一男一女に恵まれるエロゲ人生。うらやむ住人多数。
  • 2008年、巨人にFAか?!と噂される中、「ボクは強いチームでやりたい。この先も強いのはドラゴンズです」と生涯竜を誓い残留を決めた。
  • 子供のためとトミカのミニカーを買い漁る。しかしミニカーを前にした時の瞳の輝きから、自分のために買っているんじゃないかという疑惑あり。
  • ちなみに子供二人はいずれも森野そっくりで大変かわいらしい。
  • 週刊プレイボーイ 2008年5/12・19日合併号誌上で、2chを見てしまったことをふくしくんによってすっぱ抜かれる。「ドアラ似」とか悪口を書かれて凹んだりしたそうだが、「結局、あいつら絶対にオレのこと好きだよ!!」って納得してくれて有難う。その通り、僕達は森野さんが大好きです。うへへぁ。
  • 目指せ3億円!がんばれ森野
  • 2009年限りで引退した立浪から、背番号3を引き継ぐことになった。という話だったが、森野本人の意向により保留になった。
  • サンドラ内のブルブル×ゆうこりん相談室の企画にて、「選手名鑑マニア」ということが発覚。かなり選手名鑑を熟読している模様。
  • 2011年1月21日放送の「黒ちゃんねる(テレビ愛知)」にて、チームメイトから「モリー」とか呼ばれていると発言。2010年10月2日「SPOKEN!」に於いても荒木に「モリー」と呼ばれている。
どこでも守れるが、球界屈指の守備ではないので、タブランに対して森野のゴールデングラブ等と言われたりしていたが、2014遂に獲得 よかおめ


08/6/11 中スポより着々とエネルギーを蓄える森野さん


09/2/12 中スポより「ゾウさん」のニックネームをつけられた森野さん




森野「サードのポジションが欲しければ俺を越えていけ」
森野「レフトのポジションが欲しければ俺を越えていけ」
森野「セカンドのポジションが欲しければ俺を越えていけ」
森野「センターのポジションが欲しければ俺を越えていけ」
森野「ライトのポジションが欲しければ俺を越えていけ」
森野「ファーストのポジションが欲しければ俺を越えていけ」
森野「ショートのポジションが欲しければ井端さんを越えていけ」
森野「ユーティリティープレーヤーの座が欲しければ俺を越えていけ」


みんなの壁、森野将彦