※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 俊足・強肩が特徴で、送球の速さはプロ球界でもトップクラスを誇る期待の若手外野手。藤井♂
  • ♂マークがつくのは、合コン中に「半裸・金髪ヅラ」の出で立ちで店の舞台に立ち、井端の出囃子である「アゲ♂アゲ♂エブリ騎士」を完璧な振り付けで踊ったというエピソードから。
  • この出来事により、期待の若手ではあるがキャラ立ちが甘く、いまいちインパクトに欠けた存在だった藤井は、一躍D専の人気者となった。
  • しかし、中田によると、ビールかけでのびんぼっちゃまスーツ等は普段の藤井からすれば想定内の行動であり、ようやく本性を現したか、という感想であったらしい。藤井の真の姿はまだまだ底知れない。
  • 両親から野球をやりたかったら筑波大学に一般で合格しろという課題を課せられ、見事合格した。
  • 2007年ホーム最終戦ではベンチの上に放り投げられた誰かの帽子を取りによじ上る姿がBSで放送されてしまった。ネタキャラへの道は視界良好である。
  • 最近ではよく英智森野と話している姿が見かけられる。
  • 2007春季キャンプでは3時間ぶっ続けのマシン打撃等のハードメニューで途中故障をしてしまったが、チャンスをフイにしたくなくて隠していた。しかし、コーチにバレてしまい悔しくてグラウンドで号泣。
  • そんな藤井の熱い姿を見たビョンが「このチームの選手はこんなに野球に対して真摯なのか」と心を打たれた話はキャンプほっこりエピソードの一つ。 ⇒ソース
  • ちなみに、この時よく話題に出る「ノック中に打球を追いかけボールケースに衝突し離脱」は2006秋季キャンプのことである。念のため。
  • 新井には「聞く耳を持った方がいい」と指摘される。その新井に対しては「上の人がいる時とそうでない時で自分への態度が違う」と憤っており、どうも新井にナメられているようである。
  • 非力そうに見えるがプロ初HRは広いナゴドで逆方向に叩き込んだ。
  • 2007年オフ、2年間背負ってきた背番号22が捕手の田中の元に…。
  • 2010リーグ優勝記念ビールかけでは、何をトチ狂ったのかソーセージの着ぐるみで登場。背中には「打倒プホルス」。D専は「藤井だ」「藤井しかいない」「あれ藤井だよな……」のレスで埋め尽くされた。
  • 2010CS戦中、対戦相手の巨人・脇谷選手と夜遊びしてる姿を数人のD専住民にすっぱ抜かれた。片やバカスカ打ってる一番打者、片や音無しの六番打者。D専住民の怒りは有頂天に達した。ちなみに脇谷と藤井はNTT西日本の同期で仲良し。



2010年リーグ優勝祝勝会で反省の弁を述べるプホルス藤井



2007年日本シリーズ優勝祝勝会にて自分の持ち味を全国にアピールする藤井さん


下半身のインパクトで持ち味をすっかり忘れさせてくれる藤井さん