※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 左腕としては珍しい150kmピッチャー。また直球のキレ、低めへのコントロールも素晴らしく、特に右打者の胸元を抉り、左打者から逃げていくコースギリギリのストレートがウィニングショット。魔球「キレキレストレート」。伝説の投手にして同郷の英雄である郭泰源にも通じる体の柔らかさ、しなやかさ、そして気の強さが武器。
  • 帽子を目深に被るクールボーイ。甘いマスクも伴ってD専住民はやはりハァハァ。
  • 肘の故障のため、2007年は育成選手としてスタート。
  • 台湾高校野球(日本における甲子園)では、27アウト中22三振を奪い、未だに大会記録であり、伝説の人となっている。全国優勝も成し遂げた。
  • 中田と仲がよい。中田曰く、「チェン面白い。日本語凄く話せるのに都合悪くなると解らないふりする。」らしい。
  • 入団以来毎年背番号が変わる背番号マニア。
  • 2008年再び支配下登録。
  • 入団時はメジャーを含めて8球団からオファーを受けたが、当時、アジア地区担当スカウトだった元中日の大豊泰昭氏が交渉。来日後は親代わりとなっている。ヒーローインタビューにおいて、大豊氏への感謝を述べていた。
  • 2008年北京五輪の台湾代表に選ばれる。
  • 2009年先発の柱の一角として投げ続け、防御率1.537という驚異的な数字で最優秀防御率のタイトルを獲得。ちなみにこの数字は、ここ40年では1970年の村山実さんの0.98に次ぐ2番目の好成績である。
  • メジャー志向の強い選手であるが、「お世話になった中日に少しでも恩返ししたい」とのことで、高額な移籍金が中日に入るポスティングによる移籍を示唆。ちぇんいいこ。
  • 年々日本語が退化している。一説では、台湾の女性と結婚したことで、家庭で日本語を使わなくなったことが要因であるそうな。段々カタコトになっていくちぇんかわいい。