※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

9位 『SSその11』

得票数:1


GK評

  • 大暴れするモヒカン十傑! 校則違反四天王の陰謀! 脱走したバイオ生物達!
    カオス渦巻く希望崎学園を駆け抜ける風紀委員二人と焼きそばパンを目指す者達!
    そして現れる校則違反四天王の一人の秘密兵器とは……!?
    とにかくスピード感に溢れ、かつ濃密な展開が特徴のSS。
    全SS中最短ですが、その分笑いの量とアイディアの密度は他のSSにまったく引けを取らないもの。
    こうしたタイプのSSは今回の形式のキャンペーンに欠かせないものだと思います。
    個人的にはこのタイプがもっと票を集めても良いと思うのですが、全体のレベルが高すぎたか、この順位に。(スカーレット)

  • 圧縮された展開は某インターネット小説を彷彿とさせますが、言葉選びがしっかりとしているのでストレートに面白さが伝わってきます。私のお気に入りのカマセは汚物を消毒する御仏聖徳さんです。ただ個人的には、「ナントカ倒した」をそのまま使うのではなく、新しい何かを見せてほしかったです。(tasuku)


投票コメント

  • 最も短い文字数で完結させているということが投票の要因です。しかも、ただ短いだけではなく、面白く圧縮して短いのですから、すごいです。


全体感想より抜粋

  • その11
    テンション高めのBGMかけて、十分くらいの高速で一気に読み上げたいSSです。なんたるカオス!
    ヤケクソ気味な〆方が逆にいい味出してたんですが、おかげでお姉さまとの一時がなんかアレっぽいのがまた。これはこれで、と思います。
    車口先輩なら許されると思いますし。

    雷速のSSはニューロンまで焼き切ってしまったようです。秀作。

  • 【その11】
    ヘッズTLを濃縮科学反応!全中男(チェンジュンナム)がニューロンにこびりついてしまった

  • その11:
    13作品中最短ながら、目まぐるしく進むスピード感が心地良かったです。
    登場する敵も、校則違反四天王やモヒカン十傑の流れをきちっと汲んでいたりする中で
    ダンゲロスらしく、しかしインパクトのあるキャラを生んでいる辺り見事かと。
    短い中にも作者のセンスがぎっちり詰め込まれた、文章のバラエティパック。

  • その11 圧縮しすぎ感はありつつも、かなり好きでした。

  • その11:……時間足りなかった、ですよね……。

  • その11:
    一度全力で逃げない出力は見てみたいものではあります。中身は読めていません。