※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

8位 『SSその5』

得票数:2


GK評

  • 投稿時に採用SSの指定はありませんでしたが、冒頭の文章だけで誰が書いた文章かはわかるよね!?
    それはともかく登場人物を絞ることで書くべき人物、書くべき物語に注力しているのがこのSSの一番の特徴。
    実は(狼瀬先輩を除き)基本的に投稿キャラクターのみを完全に中心に争奪戦を描いたSSは少なく、各キャラクターと主軸となる焼きそばパン争奪戦を丁寧に描いたきわめてオーソドックスな作りと言えます。
    そして6年後へと繋がるラスト……作者の描きたかった物語は十分に描かれたと言えるでしょう。
    その正統派な作りが他のSSとぶつかり、票は少なくなりましたが、十分に評価されるべき一作であったと思います。(スカーレット)

  • 俺が書きたいSSはこれだ!という思いがひしひしと伝わってくるSSでした。ところどころに挟まれるネタでテンションを維持しつつゴールまで一気に駆け抜けることができ、ある種の爽快感があります。相対的に少ない文字数もあり、裏の中では逆に目立っていたかもしれません。杜莉子の過去もよかったです。(tasuku)


投票コメント

  • アナルパッケージホールド!

  • とにかく説明が丁寧でわかりやすかったことが選んだ要因です。文字数の多さが気にならない面白さでした。


全体感想より抜粋

  • その5
    ツッコミ不在の恐怖と、織り交ぜたネタの鮮度が嬉しいですね。
    エピローグがめっちゃいいです。

  • 【その5】
    エピローグで上手くまとめていて良かったです。

  • その5:
    MACHIの徹頭徹尾の好き放題ぶり、各所に挟まれるパロディ、主役級・杜莉子のまさかのラスボス化。
    混沌とした展開を豪腕でまとめあげつつ、百合百合しいラストで〆る……
    『考えるな、感じろ』を地でいく、どこかパワフルさのある作品だと思います。

  • その5:恋(いろ)を知る年齢(とし)かっ! ……いや、適齢期かな……。
    楽しく読ませていただきました! 文章もまとまっていて読みやすかったです。
    が、投票枠を争うには何かがたりなかった……すまぬ、すまぬぅ。

  • その5:
    要所要所は結構よかったのですが、一番尺と熱量の割かれている、作者本人のキャラの描写にあまり魅力を感じられないのがつらかったです。