※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


第三章 職業訓練等の充実

(平一九法七九・旧第四章繰上・改称)

(職業訓練の充実)
第十六条  国は、職業訓練施設の整備、職業訓練の内容の充実及び方法の研究開発、職業訓練指導員の養成確保及び資質の向上等職業訓練を充実するために必要な施策を積極的に講ずるものとする。
2 国は、労働者の職業能力の開発及び向上が効果的に図られるようにするため、公共職業能力開発施設が行う職業訓練と事業主又はその団体が行う職業訓練とが相互に密接な関連の下で行われるように努めなければならない。
(平一三法三五・旧第十一条繰下・一部改正、平一九法七九・一部改正)

(職業能力検定制度の充実)
第十七条  国は、技術の進歩の状況、円滑な再就職のために必要な職業能力の水準その他の事情を考慮して、事業主団体その他の関係者の協力の下に、職業能力の評価のための適正な基準を設定し、これに準拠して労働者の有する職業能力の程度を検定する制度を確立し、及びその充実を図ることにより、労働者の職業能力の開発及び向上、職業の安定並びに経済的社会的地位の向上を図るように努めるものとする。
(平一三法三五・旧第十二条繰下・一部改正、平一九法七九・一部改正)