※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


CentOSにおけるファイアウォールの停止

今回はとりあえず外部から接続するのが目的なので、ファイアウォールのプロセスは落としてしまう。
CentOS7以降ではfirewalldというプロセスから設定を調整し、iptablesに自動的に適用する形になる。


firewalldの停止

systemctlでfirewalldを停止する。
  • PuTTYから以下のコマンドを入力して、firewalldの状態を確認する。
  1. [vagrant@localhost ~]$ systemctl status firewalld
  2. firewalld.service - firewalld - dynamic firewall daemon
  3. Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/firewalld.service; enabled)
  4. Active: active (running) since Sun 2015-05-17 00:50:58 JST; 15h ago
  5. Main PID: 480 (firewalld)
  6. CGroup: /system.slice/firewalld.service
  7. └─480 /usr/bin/python -Es /usr/sbin/firewalld --nofork --nopid
  8.  

  • firewalldを停止する。
  1. [vagrant@localhost ~]$ sudo systemctl stop firewalld
  2. [vagrant@localhost ~]$ systemctl status firewalld
  3. firewalld.service - firewalld - dynamic firewall daemon
  4. Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/firewalld.service; enabled)
  5. Active: inactive (dead) since Sun 2015-05-17 16:37:10 JST; 1min 56s ago
  6. Main PID: 480 (code=exited, status=0/SUCCESS)
  7.  

firewalldの常駐を解除

systemctlでfirewalldの常駐を解除する。
  • PuTTYから以下のコマンドを入力して、firewalldの状態を確認する。
  1. [vagrant@localhost ~]$ systemctl list-unit-files | grep firewalld
  2. firewalld.service enabled
  3.  

  • firewalldの常駐を解除する。
  1. [vagrant@localhost ~]$ sudo systemctl disable firewalld.service
  2. rm '/etc/systemd/system/dbus-org.fedoraproject.FirewallD1.service'
  3. rm '/etc/systemd/system/basic.target.wants/firewalld.service'
  4. [vagrant@localhost ~]$ systemctl list-unit-files | grep firewalld
  5. firewalld.service disabled
  6.  


次のページ > 08.Apacheのインストール