ラミネート装甲

ラミネート装甲


高熱のビームによって装甲表面の一点へ運ばれる熱量を、装甲全体に瞬時に分散させる事で
装甲の熱破壊を防ぐ特殊な装甲。主に装甲厚、面積ともに大きい戦艦に用いられている。
特にアークエンジェルやミネルバなどは全体がこれで覆われているため、殆どのビーム兵器が有効打とならない。
装甲を冷却している為、ビームによる致命的な損傷はまずありえないのだが
冷却が間に合わないと全体が徐々に熱せられて、中が蒸し焼きになってしまうという弱点も持つ。
装甲が融解する遥か以前に、内装が燃え出すような事態も予想されるため油断は出来ない。

また、砲弾やミサイルの直撃への防御能力は普通の装甲と同じ程度しか無い為
これら備える艦、又はMSとの交戦は苦戦を強いられる事となる。

尚、フリーダムが装備している盾は強度を高める改良がなされているもので
対弾性能がやや向上していて、多少の攻撃なら盾を失わずに済む。

一部に見られる「ビームコーティング」との関連性は不明。
ラミネートという名前からして、同一の可能性もある。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|