ニーベルング

対空掃射砲 ニーベルング


アイスランドの連合軍ヘブンズベースに設置されていた対空砲。
普段は小山に偽装されているが、発射時には小山がスライドし、露出する。

劇中では38話「新しき旗」、ザフトのオペレーション・ラグナロクで軌道上から降下する増援の迎撃に使われた。

中央のタワーから発せられた強力な電磁波を、パラボラ状のアンテナによって上空に放射する兵器で
発射間のインターバルなどが一切不明な事から、更なる降下部隊の増援を封じる事が出来たが
海上から攻め入った戦力に結局は屈した為、時間稼ぎにしかならなかった。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|