フォックスノット・ノベンバー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フォックスノット・ノベンバー


大西洋連合の大統領による、プラントへの宣戦布告と同時に行われた戦闘を指す。
実際の黒幕は言わずもがなだが、ロード・ジブリールである。
作戦の口実は「ユニウス・セブン落下の報復」、合言葉は「青き清浄なる世界の為に」

具体的には、宣戦布告と同時に月面から核攻撃艦隊が発進。陽動部隊で近衛師団を引っ張り出し
その隙に一気にプラントへ詰め寄り、核ミサイルランチャーを装備したウィンダム部隊
すなわちアガメムノン級宇宙戦艦ネフタニアを旗艦としたにクルセーダーズが大量の核ミサイルを発射し
開戦初っ端にプラントを壊滅させてしまおうという大胆かつ極悪非道な作戦であった。

しかし、核攻撃の直前にデュランダルが議会でニュートロンスタンピーダーの使用を可決しており
これによって核攻撃艦隊は一瞬のうちに全滅。陽動部隊もハイネ・ヴェステンフルスらの活躍により多くの被害を出した。

ジブリールの目論みは失敗し、連合とプラントは再び戦争に突入する。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|