ドラグーンシステム


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ドラグーンシステム


無線誘導で遠隔操作する小型分離式兵器。
「Disconnected Rapid Armament Group Overlook Operation Network」の略でDRAGOONである。
宇宙世紀シリーズでのファンネルと似ているが、直感的操作を求める物ではないのでニュータイプ的要素は不要である。
連合にも同様の兵器としてガンバレルがあるが、それとの違いは無線か有線かである。
ドラグーンシステムは量子通信で本体と無線連絡しており、ケーブルの断線による不具合が発生しない上に配置の融通が利くという利点がある。


初期(プロヴィデンスとドレッドノート)のドラグーンシステムは機械側の補助システムが不十分で、文字通り超人的な空間認識能力がなければまともに動かなせない代物であった。
それこそラウ・ル・クルーゼという人材がいてこそ、あれだけの強さを発揮したといえる。

DESTINY-MSVのプロヴィデンスザクに搭載された「第二世代」のシステムは
周囲の状況をセンサーが拾い、パイロットの脳に伝達、無意識に制御を行うという仕組になり
パイロットに負荷は掛かるものの、高度な認識能力は必要ではなくなった。
レジェンドはこれを元にしたシステムを積んでいる為に「誰にでも扱える」というわけだ。
ストライクフリーダムに搭載された改良型の「スーパードラグーンシステム」も
ある程度の普遍性を獲得している事から、同じようなサポートを行っていると思われる。

カオスの機動兵装ポッドもドラグーンシステムを使って制御されるが
これも初期のものよりは格段に扱いやすくなっているため、上記と関連していると考えられる。

ゲーム中では大気圏内でも飛ばせるが、ファンネルがそうだったようにやはり実情は異なる。
大気圏内での運用はせいぜい可動砲台止まりだろう。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|