ジェットストリームアタック

ジェットストリームアタック


ジェットストリームアタックは、ドムトルーパーに搭乗したヒルダヘルベルト
マーズの三名が使用した攻撃フォーメーションの名前である。
宇宙世紀シリーズにおいてガイア、マッシュ、オルテガの「黒い三連星」が使用したものと
同じ名前で、構成も似ている部分がある。

フォーメーションの内容としては、まずメンバーそれぞれが搭乗したモビルスーツが縦一列に重なって並び、先頭のヒルダ機がスクリーミングニンバスを展開。
これにより、周囲の機体のビーム攻撃を封じ、相手を撹乱したまま3機連なって敵陣に突貫。
ヒルダ機が主に強化型ビームサーベルによって接近戦を挑む敵機を排除しつつ、他の2人はギガランチャーの実体弾バズーカで撹乱されたまま動けない敵機を撃破するというものである。

オペレーション・フューリーの真っ只中、降下ポッドでオーブに降りるなりヒルダ達はこの戦法を使いザフト軍を強襲。
ホバー機動から来るドムトルーパーの高い機動力もあってグフイグナイテッドアッシュ等のザフト軍新鋭MS部隊を怒涛の勢いで駆逐していった。
その後、宇宙における戦闘でルナマリア・ホークの乗ったフォースインパルスに対しても敢行され、撃破には至らなかったものの吹き飛ばし、エターナルに張り付かれるのを防ぐことに成功している。
さらにセリフこそないが最終回でも使用した形跡があり、オーブで使用した時と同様に多数の敵MSを撃破している。

黒い三連星と違うのは、元々多人数を撃破するために編み出された戦法という点である。
宇宙世紀のそれは本来は対戦艦用の戦法で、それをアムロに使っただけなのだ。
これはスクリーミングニンバスという優れた兵装が生まれたことが大きいだろう。
ルナマリア戦を見ればわかるように、対個人に対する効果は黒い三連星のそれとほぼ同等で、より搭乗者が安全であるといった程度だったと思われる。

他、ガイアのようなリーダー1人が宣言して発動するのではなく、ヒルダが「あれやるよ!」と残りの2人に呼びかけ、3人一緒に「ジェットストリームアタック!!」と叫ぶ点でも相違が見られる。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|