エクステンデッド


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エクステンデッド


大西洋連合の技術により生み出された強化人間のこと。ロドニアの研究所で生み出された
スティング・オークレーステラ・ルーシェアウル・ニーダがこれにあたる。
前作におけるブーステッドマン(オルガ・クロト・シャニが該当)と異なり、γ-グリフェプタン
投与による薬物強化ではなく、主に精神操作等を中心として強化されている。ブーステッドマンに
比べ、薬物の禁断症状に陥ることがなく、上官からの命令をまともに処理できるという点で
優れている。また、戦闘時以外は普通の人間となんら変わらず、情緒や感性を持っているため、
潜入工作のようにブーステッドマンでは難しい任務もこなすことができるようになった。

とはいえエクステンデッドにも欠点はある。ブーステッドマンにとってのγ-グリフェプタンの
ように、戦闘のたびにリラクゼーションルームに入って調整をする必要があるのだ。
この際に命令を行う側にとって余計な記憶を消せる、という利点はあるものの、
印象の強い記憶を下手に消すと記憶に空白が生まれ、情緒不安定になることがある。
実際、スティング・オークレーはアウル・ステラ両名の記憶を消されたため、最終的に
それまでとは大きく異なる、まるでブーステッドマンのような凶暴性を持った性格になってしまった。

また、時おり暴走を起こすことがあるため、一種のセーフティとしてブロックワードが
設けられている。これに指定された言葉をエクステンデッドが聞くと、激しい恐慌状態に
陥りまともな活動ができなくなる。精神的な部分に関わることもあり、ブロックワードは
それぞれ異なる(ステラは「死」、アウルは「母さん」、スティングは不明。
ただし、シン・アスカと出会ってからのステラが「死」から「守る」というように連想させたように、
このブロックワードも何か別の概念への移行・発展があれば回避される可能性がある。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|