オーブ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オーブ首長国連合


オーブは南太平洋に浮かぶ火山島を中心とした島々を領土に持つ島国。
火山が島を作ったと言う点でハワイに似ている。赤道からやや南に位置する。
建国には日本も深く関わっているらしく、オーブでは日本語が使われている。
(カガリがキラに当てた手紙や、アカツキの肩の文字などで窺い知ることができる)
どうやら紅葉が始まる程度まで気温が下がる季節もあるようだが、流石に冬は来ないと思いたい。

スイスのような中立国家であり、独自の理念を持つ。前大戦では連合に侵攻されるも、
Destinyではユニウス条約によって独立が回復されていて、各地の復興も進んでいる。
沿岸にはマルキオ導師の家や港近くの慰霊碑、カガリの屋敷などがある。

特殊部隊であったとはいえ、カガリの屋敷が容易くアッシュによって襲撃されるなど、
海上警戒には甘い面があるものの、アスランがセイバーでやってきた時は追い返している辺り
領空警戒は密に行っているようだ。また、戦力面ではイージス艦を中心とした海上戦力・
新鋭機ムラサメにより充実した航空戦力とかなり充実している。一見、オーブの理念と
矛盾しているように見えるかもしれないが、中立の立場を貫くなら相応の戦力を保持しなければ
ならないのは確かである。現実に存在する永世中立国・スイスも同様の状態なので、おかしくはない。

偵察衛星でも発見出来ない多種多様な地下施設が存在し、秘密基地が好きな視聴者には
ロマン溢れる国ではあるのだが、良く考えてみると地下に何隠してるか分からない怪しい国とも
見ることが出来る。しかし、狭い国土を有効活用するには、地下を掘り下げる方が都合が良く、
地熱発電の事も考慮すれば理には適っているので、一概に後ろめたいから地下に作ってるとも
言えない。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|