ファントムペイン

ファントムペイン


ブルーコスモスによって組織させられた地球連合軍の非正規特殊部隊。子飼いの私兵集団ともいえる。
正式名称は第81独立機動群であるがこれは便宜上のものであり、もっぱらファントムペインという通称で呼ばれる。
劇中で語られた事は無いが、正規軍で無いが故に条約に一切縛られる事が無い為、実は核動力MSも運用が許されている。

原作の部隊はネオ・ロアノークを指揮官とし、隊員にエクステンデッドであるステラ・ルーシェ
スティング・オークレーアウル・ニーダを擁する小隊規模であるが、連合正規兵も補充兵として使う事が出来る。
ロゴス配下の部隊であり、最高指揮権は現ブルーコスモスの盟主のロード・ジブリールが持っているが
ネオは彼から任を受けているのでファントムペインの超法規的な権限を最大限に活用する事が出来る。

なお、新たに製作が決まったOVA外伝「C.E.73 STARGAZER」の登場人物スウェン・カル・バヤンも所属しており
作中では窺い知る事が出来ないが、ネオ達はあくまで氷山の一角である事が分かる。
そのためネオらがいなくなっても、部隊としてのファントムペインは残っている可能性はある。
「正規軍に対する優越」「私兵」「潤沢な資金により様々な特殊設備を持つ」などティターンズを彷彿とさせるが
いずれにしても最終的にはロゴスが壊滅してしまうため、部隊は解散に追いやられていると思われる。

ちなみに、ファントムペイン(phantom pain)とは「幻痛」の意。
足などの身体の部分切断後、実際には無いのに在るように感じたり、痛んだりすることを指す。
非正規部隊の攻撃は相手からすれば「敵のものではない攻撃」であるため、言い得て妙である。

原作での活躍

イアン・リーが艦長を務める新鋭艦ガーティ・ルーによりアーモリー・ワンを襲撃。
工廠内での白兵戦の後、ザフトの最新鋭MSカオスアビスガイアを強奪。
追撃してくるミネルバと激しい戦いを繰り返しつつ、ユニウスセブン降下事件の映像を撮ったうえで見事地球圏に帰還。
この際の映像は後に連合側の核攻撃の理由となったため、間接的にではあるが戦乱の原因を作ることとなる。

その後は連合の1部隊としてザフトと戦うも、ミネルバとその所属MSパイロットシンアスラン
そしてオーブ・連合とザフトの戦いを止めるべく現れたアークエンジェルキラ・ヤマトの妨害もあり、
遂にミネルバを仕留めるには至らなかった。

その戦いの中、クレタ沖の海上戦闘でアウルがシンのインパルスに討たれ死亡。
ステラは一時的にミネルバに捕らわれ、解放された後にネオの手でデストロイに乗せられて
ザフト勢力下にあったユーラシア北部の粛清に駆り出され、再開したシンと心を通わすもののキラにより討たれてしまう。
同時にネオも自身のウィンダムをキラに撃破され、アークエンジェルに連れて行かれてしまう。
最後に残ったスティングもヘブンズベースのデストロイ1号機に乗って戦ったが、シンのデスティニーに貫かれ散った。

ネオもムウ・ラ・フラガとしての記憶を取り戻し「ネオ・ロアノーク」という人物が
事実上消滅したため、終戦時点で4人全員がいないというなんとも悲しい状況となった。

ステラ、アウル、スティングの他にも「生体CPU」扱いの人間が多数登場している為、
スティングはファントムペイン内の別部隊に吸収されていた可能性も否定出来ない。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|