ダルダノスの暁作戦


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダルダノスの暁作戦


CE73年のオーブ派兵の際、ダーダネルス海峡にて黒海のザフト軍に対する海峡封鎖作戦のこと。
ギリシャ神話に肖って、オーブ派遣艦隊の特別指揮官であるユウナ・ロマ・セイランが名付けた。

地球軍はスエズの部隊とオーブ艦隊によって構成され、数にまかせた攻勢を繰り広げる。
結果、ザフトのミネルバの進路を塞ぐことに成功したものの、その大部隊をミネルバの
タンホイザーの射線に合わせられ、あわや全滅という危機を招くことになる。
しかし、タンホイザー発射直前にフリーダムのビームライフルが直撃し爆発(この際ミネルバの
整備員数名が死傷)、同時にアークエンジェルとフリーダム、そしてストライクルージュ
乗って現れたカガリの出現により戦線は混乱する。

カガリは必死でオーブ軍へ呼びかけ、停戦を訴えるものの、ユウナ自身がカガリの存在を否定。
そして地球連合軍に後ろから銃を突きつけられている格好のオーブは、それに応えることは
できなかった。結果、イージス艦からストライクルージュへのミサイル掃射され、両軍の戦いは再開される。

それを見たキラはこれ以上はどうにもならないと判断。カガリをバルトフェルドに任せた上で、
かつてアラスカ基地で行ったように両軍を相手に武力を奪い、半ば撤退に追い込むことを目的に
不殺の戦いをはじめる。これにより主にオーブ・連合の量産機の武装などが破壊され、
撃破されていないものの戦えない状態に追い込まれる。同時にこの戦闘による戦死者を
少しでも抑えるため、アークエンジェルは追い込まれている状態のミネルバの援護に回る。

だが戦力である以上、フリーダムの刃はミネルバやファントムペインに所属する機体にも向けられ、
フォースインパルスグフイグナイテッド(ハイネ機)アビスガイアが一瞬で戦力を殺がれて
いる。が、この混乱の中でガイア搭乗のステラが激昂、(経過はメディアごとに異なるが)結果的に
ガイアによってハイネ・ヴェステンフルスは戦死してしまう。このことがミネルバに籍を置いていた
アスラン・ザラ、そしてシン・アスカとキラ達の間に溝を生むきっかけとなる。
そしてその因縁は後のクレタ沖の戦いに続くのである。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|