ゲロビ

ゲロビ

一定時間攻撃判定が持続するタイプのビームを発射し続ける攻撃の事。
初出は「機動戦士ガンダム 連邦vsジオン」に登場するMA「ビグ・ザム」。
この機体の口部ビーム砲がこのタイプの攻撃であり、尚且つ発射位置が口であるため「ゲロを吐いているようなビーム=ゲロビーム」、それが短縮されこのように呼ばれる事になった。
屋外等で「ゲロビ」と言うのが恥ずかしいときは、「照射タイプ」と呼びましょう。

ガナーザクウォーリアのCSやバスターのグゥレイトォ!!等がその例。
フリーダムのCSは特殊で、その見た目の色から虹色怪光線とか、七色ビームと呼ばれていた時期もあった。

一部の人にはレイダーのサブ射撃であるツォーンも
口から発射するためゲロビと認識されることもある。
別に間違いではないのだが上のような用法の方が多く使われるので気をつけよう。


○ゲロビ持ちの機体一覧

○ゲロビ持ちのCPU専用機体一覧

○番外編

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|