大西洋連邦


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大西洋連邦


現在のアメリカ合衆国、カナダ、グリーンランド、アイスランド、イギリスを領土とする連邦国家。
首都はワシントン。大統領はジョゼフ・コープマン。
地球連合軍の中核を成す。

相変わらずの軍事大国ぶりを見せるアメリカ的国家だが、その政権はロゴスの傀儡であった。
フォックスノット・ノベンバーの後、ジョゼフは言いなりになって核攻撃を行った事ついて弁明とも言える演説会見を開いている。
事ある毎にジブリールが政治に干渉を行っていた。

しかし、プラントのギルバート・デュランダルによってロゴスの立場が危うくなると状況は一変。
ジョゼフはあっさりジブリールの要求を突っぱねてしまう。
更にはヘブンズベース攻略にも地球連合軍が多数参加している。

だが、所詮ジョゼフ・コープマンという男は傀儡政治のお人形さんに過ぎず
迂闊な外交手段に出たところをデュランダルにつけ込まれ、レクイエムによって抹殺されてしまった。

大西洋連邦が現在のアメリカと同じ制度を採っているのならば
C.E.74の終戦後しばらくの間は副大統領だった者が大統領に就任していると思われる。
尤も、前大統領ジョゼフが傀儡だった事を鑑みれば、頭が変わったところで急に体制が変わるとも考えにくいのだが。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|