シールド滞空


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シールド滞空

高飛びなどをしてブーストゲージが空になった状態で、シールドガードを入力すると、
ほんの一瞬盾を構えただけでまた元の状態に戻ってしまう。
(この時防御判定は一瞬しか出ないが、着弾するタイミングさえ合えばシールドとしての機能は果たす。
 タイミングは非常にシビアだが、シールド持ちは覚えていて損はない)

これを空中で連続して行うことで、着地を大幅に遅らせる(=滞空時間の延長)ことが可能。
↓↑を連続して、テンポよく入力するのがコツ。
ガチャガチャと不均一な入力をしても上手くはいかない。

滞空できるからどうだ、という話ではあるが、上記の通りシールド防御が発動する可能性もあるため
高飛びからひたすら粘りたいときなどには有効……かも。
また、敵に振り向いてくれることやとっさのチャージ開始or解除にも使えなくはない(滞空の必要は無いが)。

ほとんど時間稼ぎにしか使えない技なので実用性は皆無だが、魅せ技としては、多くの機体でできることもあってか知名度が高い。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|