ミサイルポッド(デュエルAS)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《サブ射撃》ミサイルポッド

[威力:58/1発、119/3発][弾数:5発][リロード:6.0秒/全弾][属性:実弾][よろけ][ダウン値:2][補正率:75?%/1発]
その場で静止してミサイル5発を連続発射。
誘導は上下左右共に弱いが発生・弾速は速く、ASの攻撃手段の中では最速を誇る。
故に空中では狙いにくいが、着地取りでは良く当たる。カス当たりした場合は相方にクロスを決めて貰おう。
BRと違い射角の概念がなく、振り向き撃ちがない。
ただしダウン値はBRと同じで、3hitしないとダウンを奪えない。
発射中は少し浮いた状態となり、地上で発射した場合、
発射後そのままだと着地して隙を晒すことになる。
発射後は足が着く前にBDやステップが可能なので、撃ったらすぐにその場から離脱すること。
実は発射中が一番隙が大きかったりする。
用途としては四つで、
  • BRの節約(これを使うということは溜めていないということなので、長期的に見てかなりの節約に)
  • カット用
  • 着地取り(2ステ程なら着地を見てから取れる。3ステなら前慣性から、1ステならカスヒットを警戒し後慣性で)
  • 牽制(シヴァより隙が大きいため、反撃確定の距離を覚えること。)
シヴァと上手く使い分けること。
また、振り向き撃ちがないことを利用し、イージスのスキュラと同様、後方から追ってきた敵機に対し
長いBD持続を利用して先に着地させ、それを振り向き撃ちなしで獲ることも可能。

至近距離時の格闘潰しにも使えるが、安定して全弾当たらないのでダウンを奪えないことがある。
格闘カウンターや近距離の硬直取りなどにはバクステ最大慣性射撃の方が安定する。
ミサイル同士が発射位置から一定間隔に広がって真っ直ぐ飛ぶため、ステップ中に発射すると
静止しつつ慣性で僅か滑り結果的にミサイルをばら撒くので、外れたりカス当たりしたりしやすいので注意。
カス当たりした場合、自機の軸をずらしながら射撃を連打すると反撃を防ぎつつダウンが取れる。
近距離で外した場合は反撃確定。

きりもみダウンが取れるため、パワー殺し(無論、3発以上当たればの話)ができる。対パワーに覚えておこう。


【慣性について。】
やり方は ステップ>ステ出た瞬間にミサイルポッド(最後までレバーは入れておく?)
この方法が最も良く慣性を掛け滑り、通常のステップよりも早く座標を動かすことができる。
多少ミサイルが拡散し、バラす場合は左右最大慣性で発射することが有効。
ステップ自体はブーストがゼロのときに被弾すると一回だけ出すことができるが、それを利用してカウンターができる
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|